2018年01月10日

チューリップ発芽とコレステロール値の謎


原種チューリップが、今ごろ芽を出しました。いくら「植えっぱなし」がうたい文句でも、プランターに植えっぱなしではいけません。私が悪いんです。

前回は11月に発芽したサクサテリス。1月上旬には既に葉が波打っていましたが、今年はようやくこの状態。花後の肥料もほとんど与えていなかった気がするし、水も大雨が降り込む時に自然に任せていた気がします。私が悪いんです。
hatsuga1-20180110.jpg

いつも遅れを取るトルケスタニカは、一つだけ芽を見つけました。
hatsuga2-20180110.jpg

週末に、堆肥でも混ぜ込んでおこうと思っています。私が悪(略)。



ところで今日、かかりつけ医に行ってきました。1カ月前にしていただいた血液検査の結果を聞いたところ、

なんということでしょう。

ここ5年ほど高めだった脂質代謝の数値が、軒並み大幅にダウンしていたのです!

恥を忍んで言いますと、ここ5年くらい、総コレステロールは250前後、悪玉コレステロールは150前後をうろうろしていました。中性脂肪値は常に80前後と、まったくの正常範囲内でした。善玉コレステロールも正常値。お医者からは「まぁ、ちょっとお肉食べるの減らした方がええですなぁ」と言われる程度で済んでいたのです。

ところが8カ月前の検査では、突然総コレステロールが300超、悪玉コレステロールは200超、正常だった中性脂肪値は、基準値範囲とはいえ127に! これにはびっくりして、何とかしなければと焦りつつ食生活はなかなか変えられず。

夜の炭水化物を減らしたり、MEC食(Meat・Egg・Cheese)をしてみたりあがいていましたが(お肉食べてるやん)、体重は特に変わりませんでした。変わらないどころか12月は上海で中華料理三昧。なのになぜ「ちょっとお肉減らした方が」という値までを通り越して、突然かくもビューティフルな正常値に戻ったのでしょうか?

にわかには信じられません!
kekka.jpg

私「あのー、まさか検体の取り違えとか…」
医「そう思ったんやけど、その日にウチから出したのはベランダ主さんのだけやった」
私「あのー、まさか検査センターで取り違えたとか…」
医「まさかとは思うけど、ウチでそういうのが過去20年に2件あったから確認しとくわ」
私「こんな急激に値が下がることってあるんですか」
医「正直言って、滅多にありません(笑)」

8カ月前の突然大幅上昇値時の検体が取り違えられていた可能性も考えられますが、それならなおさら、今回の大幅ダウンは考えにくい。やはり、今回が取り違えだったのかも…。

と、モヤモヤしながら帰宅して、ハタと思いました。

12月初めに上海に行った時、買ってきた苦茶です。日本では「苦丁茶(くうていちゃ)」と呼ぶようです。

葉をこよりのように丸めた、ポッキーみたいな形のお茶。お茶の木ではなく、モチノキ科の木の葉を使った、いわゆる「茶外茶」です。これを2、3本急須に入れ、お湯を注いでお茶を出します。
_1370520.jpg

名前のとおり、苦いです。高級茶になるほど、苦みの後に甘みを感じるそうですが、買ってきたのはたぶんノーマルクラス。

苦いです。

現地では「肝臓に良い」と聞きました。長年薬を飲み続けているベランダ主の、疲れた肝臓にいいかも!と思って即買い。

上海から帰国後、毎日飲んでいました。飲み過ぎたのか、途中で胃痛が出てきてしばらく飲んでいませんが、思い起こしてみれば12月中頃から嘘のように便秘が改善されました。十数年、毎日ハーブ系緩下剤のお世話になっていましたが、今は何も飲んでいません。緩いことの方が多いですが…。

尾籠な話で、たいへん申し訳ありません。でも検査結果も便秘改善も、苦丁茶を飲んだことと何か関係あるのでしょうか?


ネットで調べると、効能がいろいろ書いてあります。コレステロール値を下げる、デトックスに良いという記事も多く見つかりました。でもねぇ、飲み始めて血液検査まで、たった10日やそこらですから。それに「高血圧にも良い」という記事もありましたが、血圧ちょっと高めという状態には何ら変化ありません。

漢方的に言うと体を冷やすお茶なので、冷え性の人や、生理中、妊娠中の女性は避けた方が良いようです。冬より、暑い夏におすすめのお茶ですね。

とりあえず棚にしまっていた苦丁茶を引っ張り出して、また飲み始めています。しばらく自分で人体実験してみます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ベランダガーデニングの最新記事】
posted by meryem at 23:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2018年01月04日

今年も宜しくお願いいたします


あけましておめでとうございます。

旧年中は、この拙いブログにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

今年も(スローペースになるかもしれませんが)、どうぞ宜しくお願いいたします。


皆様の年末年始はいかがでしたか?

私は戌年まであと2時間という時に、義弟の飼い犬に手を咬まれました(痛)。
2017123122170000-1.jpg

半年前に会った時はずっと私の手をペロペロなめていた、穏やかな子です。「彼女とはそんな仲じゃなかったのに…」と落ち込んでいたら、元日は義母までが同じ被害に。

犬たちも年末年始だけ夫たちの実家に連れてこられて、慣れない環境にストレスがたまったのでしょうか。

戌年のスタートにお犬様に咬まれるとは、幸先がいいのか良くないのか^^; しかし紀州犬のガルルは、やっぱり迫力ありました。


翌2日は義実家総出で、アウトレットの初売りへ。義母がお年玉代わりに、フィスラーのお鍋を買ってくれました!(41,000円→17,000円!)

夫からは「もっと買ってもらえ!」と焚き付けられたものの、それ以上「大きなつづら」を欲しいと言えない、損な性分です。

帰りの車中、頭の中は大きなつづら妄想でいっぱいだったのですが、時すでに遅し。

今年は一日いちにちを、悔いの無いように行動しようと思ったベランダ主でした。

皆様にとって、幸多き一年になりますよう、心からお祈りしています。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 00:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年12月23日

ベランダ冬支度


数日前、遅い冬支度をしました。

色が悪くなってきたローズゼラニウム。今頃剪定していいのか不安ですが、秋に切り戻しをする暇が無くて伸び放題なので…。
_1370485-1217.jpg

ベゴニアセンパフローレンスはまだ咲いていたのですが、切り詰めて、根を休ませることにしました。
_1370469-1217.jpg

_1370487-1217.jpg

他のヨーロッパ産ハーブに比べて、少し耐寒性が弱いかなと思うオレガノとスイートマジョラムと一緒に、ローズゼラニウム、ベゴニアセンパを簡易温室へ。ここで冬を過ごしてもらいます。
_1370494-1217.jpg

2週間ほど前までは、暖かい日に少し咲いていたブライダルベールです。枯れた枝葉をカットして、
_1370491-1217.jpg

これは室内で冬越しさせます。屋外放置では枯れてしまうので。
_1370502-1217.jpg

それぞれ、うまく冬を越してくれるよう願っています。


冬越しといえば、大相撲の日馬富士暴行事件から始まった一連の騒動。これも、確実に越年しますね。あまりガーデニング以外のことは書かないようにしているつもりなのですが(上海ネタで3本書いたところとちがうんか)、もう日本相撲協会には失望し続けています。事態を収拾できない八角理事長にはガッカリです。

公益財団法人なんですよね、日本相撲協会は。公益財団法人が、こんなグダグダでいいんでしょうか?

相撲ファンがいま最も知りたいのは、

・貴ノ岩の現状と復帰できるのかということ
・これだけのグダグダの裏にあるはずの根深い問題

の2点に集約されるでしょう。

2点目について、私は頑固なまでにダンマリ中のタカ親方の肩を持つわけではありませんが、あまたの記事を読み比べていると、協会の肩を持ってタカ親方潰しにかかっているメディアの多いことには嫌でも気づきます。そこにどんな力が働いているのか。

協会のwebサイトには「相撲道の指導・普及」という言葉もあります。そもそも「相撲道」って何なんでしょうか? 「道」と言うからには、そこには一定の美学があり、技や心の鍛錬によって人格向上を目指すものであることでしょう。

協会は、この相撲道が残念ながら、ごく一部の力士の間で蹂躙されていることに、いつまで目をつぶっているのか?

あるいは公益財団法人日本相撲協会には、「本場所相撲における故意による無気力相撲を防止し、監察、懲罰することを目的とする機関」として「相撲競技監察委員会」があるんですが、これは完全に機能しているんでしょうか?

もっと言うなら、「無気力相撲」という言葉でカムフラージュされているものは本当に無いのか?

もっと言っちゃうなら、「忖度相撲」は「無気力相撲」に含まれないのか?(これ以上は言えない)

半世紀以上大相撲を観てきた相撲ファンの目はごまかせません。今の力士たちの大半は、いわゆるガチンコで一場所15日間を本当に頑張っていると思います。大相撲は以前より面白くなってきたと思います。最近本場所でケガ人続出なのはそのせいかも。だからこそ協会はもっと毅然として、指導にあたってほしいのです。なんか論点がズレてきたようにも思いますが、現在のグダグダの根っこは、そこにもあるんじゃないかなぁ。

この大相撲騒動のモヤモヤを持ったまま冬を越すのは、ストレスフルなのでございます。

初場所は出てきてくださいね、宇良関〜。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング