2017年07月17日

アスパラガス・スマイラックス代替わり


連日、暑いですね。燃えるようなベランダに出ると、もうとっくに梅雨明けしたんじゃないかと思います。

ハーブたちは息も絶え絶え。

その中で数少ない元気なグリーンが、アスパラガス・スマイラックス。記録を見ると、2012年には既にベランダにあった株です。
_DSC3461-0924.jpg

親株が次第に枯れてきました。新たな芽が育っても、そのうちツルが枯れてしまうんです。寿命でしょうか。


その実生株を育てています。

冬から早春にかけて調子を落とし、枯れかけましたが、
_DSH4383-0305.jpg

4月に再び芽吹いて生長中です。
_DSH4572-0407.jpg

5月の連休明けから月末までに、株元がしっかりしてきました。
_1350993-0509.jpg

_DSH4993-0531.jpg

6月末にはここまでツルが伸びて、今も健やかに伸びています。
_1360347-0629.jpg

親株は小さな提灯のような花を2、3回咲かせたため、エネルギーを使い果たしたのかもしれません。そろそろ代替わりの時期なのでしょうね。

寿命が来れば、いくら肥料を与えても枯れていくのかな。

身につまされる気が、しないでもありません^^;

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ベランダガーデニングの最新記事】
posted by meryem at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年07月14日

アリさんの思わぬ引っ越し


いえ、どこかの引越会社の回し者ではありません^^;

先日、京都に大雨の予報が出ていた日、ベランダに居ついているアリに異変が起きました(ここ、マンション5階)。一斉に同じような白いモノを抱えて、引越をしていたのです。
_1360393-0701.jpg

興味津々。

室外機カバー上の棚の角っこを通りながら、そのすぐ下にあるローズマリーの大鉢と、どこかとの間を忙しく往復しています。
_1360404-0701.jpg

_1360397-0701.jpg

_1360407-0701.jpg

自分の身体の2/3から同じくらい大きな、繭型のモノ。
_1360391-0701.jpg

どうやらサナギのようでした。大雨を感じて、必死でサナギを安全な場所に移そうとしたのでしょうか。それとも一族郎党、すべて引っ越した?
_1360382-0701.jpg

そうなると「何アリ」なのか同定したくなり、マクロレンズ付きのカメラを持ち出しましたが、アリさん動きが速すぎて、なかなかピントが合いません。
_DSH5182-0702.jpg

砂糖でおびき寄せ、ようやく撮れたのがこれ。
_DSH5189-0702.jpg

体調約3mm。腹部には照りがあるけれど、頭部と胸部は光らない「アミメアリ」というのが一番近そうです。いま問題の「ヒアリ」ではないと思います…。


まぁ害がないからいいかと思っていたら、昨日の朝、なぜかそのアリたちがリビングのテーブルにいるではアリませんか! 床にも数匹!

追跡すると、ベランダの掃き出し窓の敷居と、リビングの床との間から出入りしています。こんなところから…。

我が家にあるアリ駆除スプレーは、巣にスプレー→薬剤に含まれた警戒フェロモンによって一同混乱→外に出て仲間を巣に誘引→薬剤に触れて全滅。

というメカニズムらしいのですが、説明書には食べ物の近くでは使わないようにと書いてあります。微妙な表現で困るんですよね。人体に入るとどんな影響があるのか、ハッキリしてほしい。なので、巣があると思われるローズマリーの鉢に薬剤をかけるわけにはいきません。

ひとまず室内にいたアリには薬をスプレー。床と敷居との境界にも、室内側とベランダ側から薬剤をかけておきました。巣まで薬を持ち帰る前に行き倒れるのか、夕方になると、またベランダで姿を見かけました。

数年前、月桂樹の鉢に作られた巣を水攻め+クローブとシナモンで全滅させた時は、結局月桂樹を枯らしてしまいました。なので今回は、経過観察します。

あっ、敷居の中に営巣していたら、どうしよう!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病虫害との闘い

2017年07月11日

ローゼルにテントウムシさん、いらっしゃい


3歳からの大相撲ファンでありながら、未だに「玉鷲」「荒鷲」「千代翔馬」の顔が見分けられないベランダ主です。


さて、ベランダのローゼル(ハイビスカスティーに使う品種)の生長スピードが、梅雨に入って加速してきました。

尤も、6月下旬になってもまだプラポットのままだったので、
_1360227-0622.jpg

7月に入って深鉢に定植。かなり背丈が伸びるハーブなので、根のためにも生長スペースを確保しました。
_1360405-0701.jpg

すると、にょきにょき伸びてきました。もっと早く定植すればよかった。
_1360413-0702.jpg

ところが、若い葉を中心にアブラムシのような白い点々がどんどん付いてきて…。
_1360415-0702.jpg

こんなに覆われてしまいました。普通のアブラムシより小さな点なので、ハダニかもしれません。
_1360439-0707.jpg

すると七夕の日に、テントウムシを発見!
_1360448-0707.jpg

点があるというより、市松模様みたいです。黒と、赤っぽいベージュ色。調べると、

ヒメカメノコテントウのようです。

アブラムシやハダニを食べてくれる益虫ということなので、わくわく期待して翌日見に行くと、

白い点々がここまで減っていました。感謝!
_DSH5212-0708.jpg

さらに10日にはここまで減少していたんですが、夜中に激しい雨が軒下めがけて降り込んだらしく、それで洗われたのかもしれません。
_1360460-0710.jpg

雨が降り込んだことが、なぜ分かったのかというと、

軒下に避難させておいたゼラニウム・カリオペ。土がしっかり濡れていた上に、

こんなものまで生えていましたので・・・_| ̄|○
_1360458-0710.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ