2014年07月31日

すべての植物には、ときがある《ベランダガーデニング》


京都は熱帯夜でした。夜中にベランダのサッシを開けると、卒倒しそうになったほどでした…。そんな季節に喜んでいるハーブといえば・・・

6月16日に株元3、4cmを残して、ズバッと刈り取ったレモングラス。

6月21日。約1週間で切り口から、もうこんなに伸びています。
_1120780-0621.jpg

7月5日。
_1130363-0705.jpg

7月11日。どこまで行くねん!
_1130491-0711.jpg

7月29日。折れそうなので収穫して、ティーにしました。
_1140313-0729.jpg

40日で、たぶん50cmくらい伸びました。恐るべき生長速度。

一方、4月の種まきから育てているイングリッシュラベンダーは、最近また新しい芽が出てきました。たいへん悠長なハーブですね。こんな小さな芽で、京都の夏を越せるんでしょうか。
_1140319up.jpg

他のハーブはこの暑さで、生長速度にブレーキがかかっています。それを尻目に熱帯原産のレモングラスやアラビアンジャスミンは、どんどん生長中。

アラビアンジャスミンは真っ白に咲いてから、少しずつ紫に染まってきます。早朝がいちばん美しいです。
_1140360jasmine.jpg

ゼラニウムもアフリカ原産。カリオペ・ダークレッドがまた花を再開しようとしています。
_1140325Geranium.jpg

どんな植物にもそれぞれ得意な季節があることを、折に触れて感じます。みんなそのときが来ると、フラミンゴのダンスのように躍動するのが面白いです。

躍動する姿がここにも。アシナガバチ、2週間ぶりに戻ってきました!
P1140282bee.jpg
最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2014年07月30日

ローズマリーを使った、メンズライクな(?)ハーブティー《ハーブのある暮らし》


摘心ついでのハーブティーです。
_1130501herb.jpg

量が多い順に、
セージ>ローズマリー(プロストラータス+ミスジェサップ)>オレンジミント。ローズマリーは、木質化した枝は取り除きました。
P1140250.jpg

沸騰したての熱湯を注いで4分。

セージがとてもきれいな緑色になります。
P1140252.jpg

セージのティーは漢方薬っぽくなるかと思いましたが、ローズマリーの清涼感が勝って爽やかな風味になりました。

ローズマリーには頭をスッキリさせたり、集中力を高めたりする働きがあるとされています。血行促進作用もあるので、エアコンの中で仕事をして冷えた体にも良いようです。それにセージはアンチエイジングのハーブですよ中年の皆さん!

…と熱弁を振るいつつ、普段あまりハーブティーに関心を示さない夫にも飲んでもらいました。

気に入ったそうです。

調子に乗って、翌日第2弾を入れました。

ミント(ホワイトペパーミント+オレンジミント)>ローズマリー(プロストラータス+ミスジェサップ)>イタリアンオレガノ。
_1140308.jpg

ほんのちょっと、幼苗から摘んだスイートマジョラムも。
_1140309.jpg

入れたてはいろんな香りが混ざって少々複雑でしたが、冷めてくるとミントとローズマリーの爽快感に、スイートマジョラムのピリリとした刺激が加わって、キリリとした味わいになりました。スイートマジョラムの存在感が意外と目立ったので、オレガノの影が薄くなりました。

これも夫に好評でした。どちらも甘ったるくないのが良かったのでしょう。

たまたま2人とも深夜まで仕事をしていたので、集中力を高めるローズマリーはグッドチョイスでした。コーヒーをがぶ飲みしてカフェインで変に神経が興奮するより、ローズマリーで目を覚ますほうが体にも良さそうですし。

「ハーブティーなぞオンナの飲み物」とおそらく思っているビール腹の夫に、新しいインスピレーションを感じてもらえたようです。ふふ。
P1140256.jpg
最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2014年07月29日

アンティークガーデンに棲みつくもの


ごくたまに、実家に帰ります。

半世紀以上前に建てた日本家屋を、増改築を繰り返しながら拡張した和洋折衷家屋です。
_1130183.jpg

おまけに古いレンガ塀に囲まれて、
_1130189.jpg

私としては、ついイングリッシュガーデンを夢見てしまいます。

といっても祖父の植えた松はまだまだ生きているし、

後から参加した梅や椿も大木に生長。ベースは和風です。
_1130182.jpg

そこへ兄が、果樹やバラや野菜を植えまくり、
_1140095.jpg

_1140087.jpg

オリーブが空を埋めて、統一感も何もありません(苦笑)。
_1140081.jpg

でも半世紀以上をかけ、家族代々がそれぞれの想いを持ち寄り、好きな草木を育ててきた庭には、

計算されたデザインや高価なエクステリアからは得られないであろう、土くさいやすらぎがあります。
_1130114.jpg

やすらぎを生み出すもの、それは麹菌みたいなもの。たぶん。

受け継がれてきた、うま味のもと。

麹菌を生み出すのは、何を植えたか何を置いているかよりも、

どう暮らしてきたか。

庭は、家族の会話を聞いて育つと思うのです。
_1140046.jpg

そう考えると、収穫しそびれた末のニンニクの花一輪も、

麹菌の一部だと思えます。
_1140065.jpg

とりあえず、魔よけにもなりますしね。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダストーリー