2014年08月30日

ヒソップ物語・挿し木編《ベランダガーデニング》


我が家はなおも挿し木ブームでございます。

今日は爽やかヒソップと、最近花の咲かないブライダルベール。
_1150152.jpg

今年はすっかりヒソップを気に入ってしまい、もうひと鉢欲しくなっての挿し木です。

ヒソップについて調べてみると、よく参考にさせていただいているサイトには、挿し木の適期=6月〜7月と書いてありました。

ということは、発根して4ヵ月くらい育てておかないと、冬越しが辛いということなのかも? 若い枝は、かなりやわらかいし。

しかし何事も基本があれば応用があり、例外もある。不可能を可能にするのが人生であります!

スパッと切ります。
_1150181.jpg

_1150177.jpg

ブライダルベールも。
_1150183.jpg

またメネデール希釈液に数時間浸し、
_1150185.jpg

ウスベニアオイとローズマリーを挿した土に仲間入り。
_1150196.jpg

ブライダルベールは小さな蕾が無数についていながら、まったく咲きません。
_1150041.jpg

根詰まりの可能性もありますが、鉢底穴を見ても根は出ていない。もう4、5年経過している気がするので、株が疲れているのかもしれませんね。仕事が落ち着いたら根鉢を抜いてチェックしようと思っています。

いずれにしても挿し木が成功すれば代替わり、でしょうか。

こうして老兵は消えてゆくのですね。身につまされます…。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2014年08月29日

ウスベニアオイ(マロウ)挿し木《ベランダガーデニング》


「夜明けのハーブティー」実験(5月26日記事)で楽しませてもらったウスベニアオイ。

今年は何となく葉が小さくなってきました。新芽も出てきていますが、そろそろ植え替えの時期かもしれません。
_1150150.jpg

_1140665-0811.jpg

植え替え失敗時の保険に、挿し木をしてみます。実は最近の挿し木マイブームで、うずうずしていました。

今朝も秋並みの涼しさだったし、挿し木しても大丈夫かなと勝手に判断。

元気そうな枝を10cmほど切り、
_1150154.jpg

下半分くらいの葉を取って、できるだけ鋭いハサミで斜めの切り口をつけます。
_1150163.jpg

_1150165.jpg

ついでにほふく性のローズマリー・プロストラータスも。
_1150166.jpg

メネデール希釈液に3時間ほど浸けておき、
_1150172.jpg

浅鉢に土(普通の園芸用土)を入れて水で湿らせ、挿しておきました。挿し木用の土とか、買いに行く暇がなくて…(弁解)。
_1150191.jpg

ウスベニアオイは直根性のため、移植時に太い根を傷めてしまうと根付かないかも…と、これまた保険としてジフィーポットにも植えておきました。これなら、根が張ればポットごと定植できます。
_1150186.jpg

_1150194.jpg

ただ、今春ジフィーポットに種まきをして痛感したこと。底面給水させていても、マンション5階ベランダでは乾燥が激しく、外側の水苔ポットはパリパリに乾いていても中の土はたぶん湿っていたり、またはあっという間に全体が乾き上がったりで、水の管理が難しいです。

ま、どちらか根付けばOKです!

挿し木をして定植したハツユキカズラとローズマリー(ミス・ジェサップ)は、今のところ顕著な変化なし。無事に育ってほしいものです。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2014年08月28日

まぼろしの緑陰《ベランダガーデニング》


今朝の京都は23℃、小雨。秋です。

早朝に咲くコーヒー・オベーションと
_1150035-0826.jpg

緑光。秋はバラの花色がキリリと澄んできますね。
_1150038-0826.jpg

さて、ベランダに茂るゴーヤの葉。この姿が見られるのは、あと1ヵ月くらいでしょうか。

涼やかな緑陰と化したリビングでソファに寝転び、しばしまどろむ…というプランは幻に終わりました。私の労力を返して。

西ベランダのゴーヤです。写真はウソつきなのでいちおうカーテンのように見えないこともありませんが、
_1140775-0814.jpg

リビングからの西ベランダの眺め。グリーンカーテンって何? 緑陰って?
_1150146.jpg

南ベランダを室内から眺めるの図。心霊写真レベルの緑陰。
_1150148.jpg

ここまで育たないとは予想していませんでした。今年の夏は、例年より日照時間がかなり少なかったです。それとも肥料過多? 水のやり過ぎ? 私の人間性の問題?

来年は、報われるのでしょうか?

目の前にチャンプルーの具がぶら下がる幸せ、自家ゴーヤでしかできないシャクシャクの生食。得がたい恵みではありますが、斜めにネットを張っているため、とにかくベランダ上の動線がよくありません。世話もけっこう大変。

というわけで敗因分析を棚に上げ、来年のグリーンカーテン計画を迷っています。

余談ですが、京都市北部に立つ高層マンションでは、南側のサッシは全部すりガラスになっているという話を聞いたことがあります(我が家も南はすりガラス)。南の方向にある京都御所が見えては失礼だからという、真偽不明の都市伝説です。
タグ:ゴーヤ

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング