2015年01月31日

甘い慰め


入院中の母の付き添いをしていた私に、東京に住む友人が陣中見舞いを送ってくれました。

国立市にある「白十字」というケーキ屋さんのお菓子。

サロンでコンサートが開かれるなど、音楽にあふれたお店だそうですね。一度行ってみたい。

母も私もその友人も、音楽好きです。

母がもし食べられなくても、話のきっかけになればと、ト音記号の形をしたクッキーも。
_1190216.jpg

梅を使ったお菓子もあったので、梅花模様の器に入れてみました。
_1190127.jpg

このお店、webサイトを見てみると、なんとチョコレート菓子に「カンタービレ」というシリーズがあるではありませんか!

しかもまったくの偶然ですが、いま病院で母が使っている介護用品にも白十字というメーカーの商品が。

不思議なご縁を感じながら、ありがたくいただいています。

最近、友だちや親戚からのさりげない思いやりに胸が熱くなることがしばしばです。

「疲れた心身には、甘いものが必要よ!」とスイーツ責めにされる、恐ろしい幸せ。

夫が親戚からいただいてきた、丹波黒豆ショコラ。
_1190128.jpg

黒豆の甘納豆をホワイトチョコでくるみ、きなこを振っているようです。つい、手がのびます。
_1190137.jpg

温かいお気持ちに感謝。

真冬でも咲いてくれるベランダの花にも、感謝。

シルバーフォールの小さな花に
_1180857-0125.jpg

5月から咲き続けるアズーロコンパクト。
_1180848-0125.jpg

_1180849-0125.jpg

良い週末になりますように!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2015年01月30日

しつこくピエール・ド・ロンサール消毒


ピエール・ド・ロンサールの世話に、3日もかかってしまいました…。

ようやく誘引完了。
_1190236-0129.jpg

寒くてくじけそうになりながら、消毒です。

ダコニールとサプロールそれぞれの希釈液を混ぜ、ベランダフェンスなどのペンキ塗りに使った刷毛を取り出します。
_1190226-0129.jpg

ボタボタ流れるくらいに枝から芽から、

オベリスクもしっかり消毒。
_1190230-0129.jpg

スプレーに入れて噴霧すればいいのですが、ハーブが同居しているので、強い薬剤は刷毛で塗ることにしています。

今度はハーブの鉢をゴミ袋で養生して、スプレーでダコニール振りまいてみようかと考えています。うわー、考えただけで面倒そう。

バラとハーブをベランダで育てておられる方々は、どうしておられるのでしょうか?

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | バラ

2015年01月29日

ピエール・ド・ロンサール誘引と消毒


ざっと剪定したピエール・ド・ロンサールの誘引、土の一部入れ替えをしました。

鉢から抜いてみると、かなり根が回っています。
_1190148-0128.jpg

ほぐしてみると…。
_1190150-0128.jpg

土を落とすには、とんとんと靴先で蹴るといいと聞いたので、スコップでとんとん、とんとん。
_1190154-0128.jpg

あとは革手袋をはめたまま、緩んだ土をもう少し落とします。「どこかかゆいところ、ありませんか〜?」という感じで、優しく優しく。

茶色くなった古い根などを切って整理して、
_1190157-0128.jpg

_1190161-0128.jpg

_1190163-0128.jpg

新しい土で植え直しました。本当はもう少し土を落としたほうがよかったかな?
_1190164-0128.jpg

用土はバラ専用土。他にバラ用の肥料、カニ殻、有機栄養剤なども入れました。
_1190145-0128.jpg

誘引の前に、薬剤を準備。

左から、黒点病・うどんこ病予防薬のダコニールとサプロール、右端はハダニの卵を殺すコロマイトです。
_1190166-0128.jpg

各薬剤は混ぜないほうがよいという話をよく聞きますが、うーん、あまり時間もないので混ぜました!

ダコニールは通常1000倍希釈ですが、バラ農家は200倍で使っているという話を見つけて、試しに200倍にしてみました。私って大胆…。

サプロールは使用説明に従って800倍くらい。3つ混ぜるのは不安なので、コロマイトは別に使ってみます。

洗ったオベリスクの、土中に埋め込む脚の部分だけを先に消毒します。
_1190169-0128.jpg

そして枝をすべて外側に押しやりながら、オベリスク3枚を土に差し込みます。
_1190170-0128.jpg

本当は4枚使ってピシッと形を作りたいのですが、タテにすき間を空けておいたほうが、ツルが内側に伸びてしまったときなどフォローがしやすいもので。

中心になりそうな枝から、らせん状に巻いて麻ひもで留めていきます。
_1190195-0128.jpg

例年、最大の難関はこの誘引でございます。

剪定は革手袋をはめて行いますが、誘引は革手袋をしたままでは麻ひもが扱いにくい。

つい素手で結んで、トゲに刺されます。

場合によっては片手でひもを引き、片手で太い枝を押さえ、

もう片方のひもを歯で噛んで引っ張ることもあります。

たまに、顔にトゲが刺さります…。

そうこうしているうちに、あれ?
_1190180-0128.jpg

街が見えなくなるほどの雪が!
_1190196-0128.jpg

つま先・指先の感覚がなくなってきたので、作業は強制終了。

今からピエールの消毒でございます。

つるバラ、ミニバラ、ラズベリーまで含めて、剪定・誘引作業はあと7鉢。

どなたか私に、集中力をください〜。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | バラ