2015年06月30日

エキナセアを愛でる


エキナセア・ダブルデッカーの「1階」が満開です!
_1260875-0628.jpg

カモミールのようにこんもりとした花芯が、かわいくてたまりません。
_1260812-0627.jpg

特にこの、花粉がこぼれ落ちる様子なんて、1時間でも見つめていたいほどです。
_1260566-0622.jpg

いえ、1時間はさすがに飽きますが…。

生まれたての花粉です。
_1260560-0622.jpg

導火線を伝うように、徐々に花粉が「点火」されていきます。
_1260999-0628.jpg

_1270015-0628.jpg

_1260886-0628.jpg

花粉のクラウン。
_1260899-0628.jpg

_1260910-0628.jpg

なのに風の強い日は、すぐに花粉のかたまりがほぐれて飛んでいきます。
_1270009-0628.jpg

花粉の雪にまみれたエキナセア。
_1270011-0628.jpg

「2階」の準備も始まりました。
_1260906-0628.jpg

そして、次のつぼみも控えています。
_1260808-0627.jpg

やっぱり1時間眺めていても、飽きません^^;
タグ:エキナセア

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2015年06月29日

ローゼルはマイペース


種からハーブを育てるのは、そりゃあ楽しいお仕事でございます。

でも昨年10月末に母が倒れて以来、昨年の秋まきも今年の春まきも、成功率は低空飛行状態。

私が母の介護に行っている間、まき床の水の管理は夫に頼んでいるものの、かゆい所に手が届くような世話はとても期待できません。彼だって何かと忙しいですから…。

そんな中で、約10粒のうち、唯一生き残ったローゼルの苗。

疲労回復のクエン酸をたっぷり含む、ハイビスカス・ティーにするハーブです。


4月27日に種をまき、約1カ月でようやく双葉が落ち着きました。いたって生長はのんびり。
_1240979-0523.jpg

さすがは西アフリカ原産ですね。6月に入って暑くなってから、急に生長スピードがアップ。

6月5日の幼苗。これが、
_1250594-0605.jpg

2週間後の19日にはこんなに!
_1260334-0619.jpg

ジフィーポットのままだったので、翌20日、3.5号のビニールポットに移植しました。
_1260352-0620.jpg

根はそこそこ伸びています。
_1260354-0620.jpg

先週末の姿。新芽も次々に出てきました。
_1260727-0627.jpg

でも種まき2カ月後で、まだこんなかわいい苗だなんて…本当に花は咲くのでしょうか?

種まきから花を経て収穫までは、半年くらいかかるとか。

少しほっとしながら、晩秋から初冬にかけての花を気長に待つことにします。
タグ:ローゼル

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2015年06月28日

超個性的なクラリセージ・ティー


昨日書いたクラリセージを、単独でティーにしてみました。

今まではミント類とブレンドして、薄いティーにしていましたが、シンプルズで飲むとどうなるのかお試しです。

この花穂部分、約30cmを収穫して、
_1260779-0627.jpg

花とつぼみ、葉だけを使用。茎はけっこう硬くアクが強そうなので、少しだけ入れました。

風味を楽しむというよりはメディカルハーブティーにしたいので、熱湯をそのまま注いで待つこと約5分。
_1260843-0627.jpg

葉から、かなり葉緑素が出たのが分かります。花も色素が抜けて、ウスバカゲロウのように…。
_1260855-0627.jpg

うっすらグリーンがかった、美しい黄色のティーができました。
_1260873-0627.jpg

さて、試飲の結果は・・・

【香り】
・ややスモーキーフレーバー、こうばしい
・セージティーと同様、やや渋みのあるスパイシーな香り
・花の香りと同じ、砂糖たっぷりの紅茶の香り

【味】
・入れたてはセージティー同様、少し漢方薬のような味だが美味しい
・ほのかに甘い

ですが・・・

総合すると、かなり個性的な風味です。

今回は3杯分に対して、少し足りないかなと思うくらいのフレッシュハーブの量でしたが、それでも多かったみたいです。

スモーキー&スパイシーなところに、ほんの少し甘みを加えた大人の風味。

それはそれで楽しめます。が、

冷めるとアクが強くてつらいです! のどにイガイガが残りそうなアクです。


昔むかし、クラリセージを煮出したお湯を、お風呂に入れたことがありました。

お肌がキュピキュピになったものの、浴槽の掃除が大変でした…。

普段さわるだけでも手がベタベタになるハーブ。このベタベタ物質がなかなか洗い流せません。

それだけ強烈な「何か」があるのだとは思いますが、扱いにくいハーブの一つではあります。

精油としてはよくネットで情報を見かけるのに、ティーとしてはほとんど情報が見つからないのも、そのためかもしれません。

【結論】やっぱりティーにするなら、クラリセージの使用は少量。ミント類など爽やかなハーブとブレンドして、うす〜く入れるのが最善でしょう^^;

【追記】飲用後、心身ともにふわわんとほぐれました。夕食前に飲んだところ、ずっととろとろと眠く、食後は早くから爆睡。8時間寝て、今朝もまだ少し眠いです…。尤も最近ずっと疲労がたまっているので、爆睡の原因が何かは不明です。

_1260830-0627.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ