2016年06月30日

脱水症注意報!


昨日は力尽きて書ききれませんでしたが、母の脱水症事件について。

ほんと、他人事ではありません。どなたにでも起こり得ることです。

看護師さんやかかりつけの先生が言われるには、

この季節、意外と脱水症を起こす人は多いそうです。理由は、

・まだ体が暑さに慣れていない
・それほど暑くはないので、意識的に水分補給もしない
・でも体感より実は蒸し暑い中で、意外と汗をかくのがこの季節

気づかないうちに水分不足になり、体が夏モードになっていないため、体調が悪い人はちょっとした脱水状態でも重症化しかねない。それが梅雨という季節なのだそうです。


脱水症の兆候

すべてが脱水によるものかは不明ですが、母を例にとると、

・食欲の低下
・何となく昼間もうつらうつら
・普段言わないようなクレームを口にし始める(軽い興奮状態)

が数日続いたように思います。

このあと、母はせん妄状態に陥り、激しい見当識障害に接して驚愕した兄が、京都に帰っていた私に電話してきました。私もびっくりして直接母の携帯に電話すると、母が言うには

「わたし死んだのよ。本当よ」

ええっ・・・これ、激しくマズイ状態では・・・。

夫の車で大阪の実家に駆けつけると、訪問看護師さんがケアに来てくださった後でした。そこで「軽い脱水症ではないか」と言われました。

まず、上半身がとっても熱い。でも検温すると、高くて37℃ちょっと。

看護師さん曰く、「体内にこもった熱をとにかく発散しようとして、皮膚の表面からも水分を蒸発させるから、皮膚の表面は温度が下がる。なので検温してもそれほど熱はないけれど、実は体内はアツアツ」。

その夜、母はほとんど眠らず、断続的にしゃべり続けていました。興奮状態でいろんな幻視・幻聴の中にいました。夢と現実がごっちゃになっていたというか。

誰かの葬儀をしていると言ってきかず、黒ストッキングと黒スカートを持ってきてとか、数年前に亡くなった母の妹が来ているので、泊まる部屋を用意してとか。

そのうち自分の葬儀を実況し始めた時には、ブラックにもほどがあると膝が震えました…。

かと思うと今度は看護師さんに、我が家の家族について説明しているようで。

「娘(ベランダ主)はとてもよくしてくれますが、たまに感情的になるところもあります」って、そりゃ在宅介護生活も1年以上続ければ、訳もなく辛くて号泣したことの2回くらいは_| ̄|○

結局、二人ともふらふらで朝を迎え、その日から行くはずだったショートステイはキャンセルに。突然のことだったのでヘルパーさんの手配も間に合わず、1日半ほどヘルパーさんナシで母の介護をすると、さすがにグダグダになって、

翌晩は二人とも、22時から翌10時半まで爆睡しました^^;


とにかく水分摂るべし

【とにかく冷やす】

熱を下げるため保冷剤をタオルにくるみ、両脇の下と首の後ろに当て続けました。まる2日ほど続けて、ようやく上半身の熱さは取れましたが、4、5日経っても少し微熱があります。

クーラーで部屋の中を冷やしました。あまり温度を下げても体によくないと思い、25℃くらいをつけたり消したり。

【水分・電解質補給】

とにかくお茶をたくさん飲んでもらいました。

昨年退院時に処方されてしばらく飲んでいた、お薬版ポカリスエットみたいな顆粒(ソリタ)も水に溶かして飲みました。。水分と電解質補給になります。ポカリでもいいのですが、ソリタのほうがずっと体に浸透するそうです。電解質のバランスが崩れても、今回のようなせん妄が起こることがありますので。

見当識障害のアラシの翌日、かかりつけ医に往診していただきました。

たまたま前週行った採血の結果、カリウムが異常に減っていたこともあり、薬でカリウム補充、ビタミン+抗生剤の点滴、不安をやわらげる軽い安定剤を実施・処方していただきました。

でも今回のことは、母が最近いろんな不安を抱えていることも関係しているのだろうというお見立て。右手の震えが激しくなってお箸を持ちにくくなったり、もう二度と歩けないんじゃないかという不安でいっぱいだったり。

母のせん妄は結局2日で治まり、その後は落ち着いていますが、総合的に考えて、念のために神経内科を受診することにしました。


−−とにかく気疲れしました…。お子さんやご高齢のご家族がおられる方、梅雨の間もしっかりと水分を摂っていただき、ちょっとした変調にも気をつけてさしあげてくださいね。

ということで、今日はベランダネタではないので写真がありません。

せめてものおまけに、ラベンダー・グロッソの二番花でございます。
_DSC1787-0605.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | 未分類

2016年06月29日

梅雨の手すさび


この1週間、よく降りますね。

先日は、植えっぱなしでOKのチューリップのプランターに、このようなものが。
_1330647-0610.jpg

ネットで調べても、何キノコなのか同定できませんでした。いえその、ヒマではないんですが…。

梅雨は体内まで湿っているような気がして、体の動きが重いです。

そんなときのベランダ仕事は、簡単に済むものが中心。

花を咲かせすぎたイタリアンオレガノを
_DSC1802-0605.jpg

梅雨仕様に、すかすように切り戻しました。
_1330601-0605.jpg

同様に、ホワイトペパーミントも切り戻し。というか、切りすぎ。
_1330599-0605.jpg

3週間も経つと、ここまで復活します。
_1330755-0626.jpg

ハサミを手に、こうして次々とハーブをジョキジョキ切っていきます。ほとんど何も考えずに切り続けるので、ちょっとしたストレス解消にも^^;

まぁまぁ元気だったハーブは、切ってそのまま収穫。病虫害でくちゃくちゃと汚くなっていたものは、もったいないですがゴミ用バケツへ。

アニスヒソップは梅雨の中、長々と咲いてくれています。
_DSC1860-0610.jpg

_DSC1767-0602.jpg

ヒソップとアニスヒソップ。京都のベランダでは、梅雨の時期に合わせて咲いてくれる爽やかなハーブです。


雨が降れば気温もあまり上がらず、そんなに暑くもないので、あまり意識して水分補給もしない季節。

ここに落とし穴があったのでございます。

実家の母が脱水症になりかけて、大変な数日を過ごしました。さすがに疲れたので、

以下、次号にさせてください_| ̄|○

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2016年06月27日

妄想明暗


小学校1年からもう、半世紀以上の付き合いのある友人と、突然連絡が取れなくなりました。ご両親は他界して一人暮らしだし、ごきょうだいの連絡先も知らないしで、心の底から心配しました。

金曜夕方に送った生存確認メールを皮切りに、携帯に電話、メール、ショートメッセージ、固定電話にメッセージと、あらゆる方法でアプローチしたものの返事なし。

月曜、勤務先に電話して休んでいたら、警察に言おうと悶々としていた日曜夕方、

ようやく返信がありました!

金曜から風邪をこじらせ、携帯をバッグに入れたままひたすら寝ていたとのこと。固定電話は自室から遠いのでスルーしていたらしいです^^;

こんなとき、何日連絡がつかなかったら警察に連絡すればいいんでしょうね。ましてや彼女は分譲マンション住まいなので、管理会社はマスターキーを持っていないと思います。

とにかく「明日は絶対にステーキ食べて元気つけるのよ!」と送ると、「せめてお寿司にしとくわ」と返事があったので、少し安心しました。

本当によかった〜とベランダに出ると、先日赤い実をつけたアスパラガス・スマイラックスが、ほぼ枯れかけていたのでびっくり。

枯れた茎をカットすると、こんな姿に。はて、どこかでお会いしたような・・・

・・・波平さん!
_1330761-0626.jpg


こんな連想(妄想)は楽しいですが、友人と連絡がつかない間は、次々とあるまじき妄想に襲われてしんどかったです。

なお友人との件は、こんなオチ付きでした。

「今日連絡なかったら、明日◯◯証券(勤務先)に電話しようと思った」
「今の勤め先、△△証券よ」

一人暮らしのご友人の勤務先は、定期的に確認しておきましょう^^;


コーヒーオベーションが、次の花を咲かせようとしています。
_1330777-0626.jpg

ベゴニア・センパフローレンスは、ますます花盛り。
_1330779-0626.jpg

あなたの体調が守られる一週間になりますように。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング