2016年09月27日

ホワイトペパーミントと女王様


ゆっくり時間をかけて、ホワイトペパーミントの花が咲いています。

9月9日、このような固い蕾だったのが、
_DSC3325-0909.jpg

_DSC3318-0909.jpg

お彼岸前から咲き出して、
_DSC3464-0924.jpg

長い雄しべ(?)をさらに伸ばしています。
_DSC3463-0924.jpg

蕾をアフタヌーンティーのトレイみたいに重ねるところは、やはりシソ科の植物ですね。
_DSC3467-0924.jpg

_DSC3469-0923.jpg



そしてアフタヌーンティーといえば・・・。

ANAクラウンプラザホテルのアフタヌーンティーです。
_1340353.jpg

22年来の若い悪友と一緒に、1泊でホテルを遊び尽くすプランを利用しました。ベランダ主の趣味のひとつが、ごくたまのホテル遊びなのでございます。

このホテル、わりと古いようですがきれいにリノベーション(?)してあり、快適に過ごせました。
_1340358.jpg

_1340367.jpg

大阪の淀屋橋から徒歩7分、オフィス街の真ん中。築後約130年の日銀大阪支店が、川の向こうに見下ろせます。

東京駅舎を設計した辰野金吾設計の、ネオ・ルネッサンス様式。
_1340374.jpg

左手にはレンガ造りの大阪市中央公会堂(奥)と、ベランダ主が浪人時代によく利用させていただいた中之島図書館(グリーンの屋根)。
_1340379.jpg

ノスタルジーに浸れます。

かと思えば都会らしい、こんなシーンも。
_1340355.jpg

左はハルカス、右は通天閣!
_1340377.jpg

夜景も激しくロマンティックであります(でも女2人のステイなのね)。
_1340390.jpg

カクテルタイムはドリンク、オードブルすべて無料。あぁ激しく花より団子。
_1340400.jpg

モーニングだってこの通り。あぁ激しく(以下略)。
_1340406.jpg

ロビーはハロウィンのデコレーション。
_1340409.jpg

チェックアウトは少し早いプランでしたが、お城の書斎のようなクラブラウンジでいただくアフタヌーンティー、カクテルサービス、朝食すべてがフリーという贅沢プランでした(ホテルの回し者じゃありません!)。

たまには、かしずかれるのもいいものですよ。その友人と語り合ったテーマは、

いかにして男性から、女王様としてかしずかれるか。

でも女王様は御手ずから種まきしたり、泥にまみれてハーブの植え替えしたりなど、なさらないのでしょうね。それはそれで人生つまらなさそう。

さてベランダの女王様は、今日も種まきに精を出すのでございます^^
タグ:ミント

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2016年09月18日

アラビアンジャスミン再挑戦(わりと真面目)


枯らしてしまったアラビアンジャスミンがまた恋しくなり、衝動買いしました。

_1340095-0817.jpg

_1340099-0817.jpg

9月9日、また蕾が育っていました。
_1340203-0909.jpg

_DSC3301-0909.jpg

17日に開花。一輪だけでも、かぐわしい香りが漂います。
_1340243-0917.jpg



さてアラビアンジャスミン、我が家では花はポツポツとしか咲いてくれなかったので、今回ネットで調べてみました。

日本の気候がドンピシャではないためか、詳しい育て方のサイトはあまり無いのが難点。海外の方が詳しいサイトがあるようです。自動翻訳サービス大活躍、奇っ怪な日本語を読み解くためにベランダ主のポンコツ頭もフル回転!

情報をまとめてみました(疲)。

・日照時間は6時間以上が望ましい。ちらちら日の当たる場所でもOK。
・湿り気のある土が良い。
・土の酸度は弱酸性が良い。
・夜間0℃以下になる場所では、鉢を屋内で管理。
・肥沃な培養土が良い。赤土、ピートモス、川砂のブレンドなど。ココヤシ繊維、堆肥を加えてもOK。
・開花期間の初夏と晩夏、そして冬に切り戻す。
・花が咲かない場合は肥料不足の可能性あり。
・注意したい病虫害は、アブラムシ、ハダニ、うどんこ病など。剪定や殺菌剤などで防除。

酸性に傾いた土が良いというのは、今回初めて知りました。たぶん他のハーブと同様、弱アルカリ性を意識して土を作ってきたので、あまり花が咲かなかったのは土の問題もあったのかもしれません。

というわけで、今回は定植時に腐葉土を少し混ぜ込んでみようと思います。肥料も多めに与えてみましょう。

今までの経験で、
・どちらかというと乾燥に弱い
・寒いのは苦手
・低温や肥料不足になると葉色が悪くなる

というのはうすうす分かっています。

一度、屋外で冬越しさせてしまったことがありました。奇跡的に春に再び芽吹きましたが、その後昇天。あまり無理をさせてはだめですね。

今度はひとつ、過保護に育ててみます^^;


※参考にしたサイト
http://www.mykitchengarden.info/2014/06/how-to-grow-and-care-jasmine-plant.html
http://homeguides.sfgate.com/prune-pikake-jasmine-32893.html

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2016年09月12日

ラズベリー、秋の実りへ


ラズベリーに秋の花が咲きました。
_1340177-0909.jpg

6月から7月にかけては、新しい枝が次々と伸びて、
_1330795-0626.jpg

リビングからの出入り口に繁って、かなり邪魔に。
_1330944-0716.jpg

サッカーも盛んに出現しました。
_1340134-0901.jpg

伸び放題にしていたため、上へ上へと伸びるばかりで、新しいサッカーには枝葉がほとんどつきませんでした。
_1340135-0901.jpg

おまけに真夏の強い日射しにさらされて、残った葉もカリカリに…。枯れた枝葉を切り落として、
_1340149-0901.jpg

誘引というか、ベランダへの出入りの邪魔にならないようにまとめました。

すると、やはり頂芽優勢の法則なのか、少しずつ枝葉が増えてきて、秋の花が咲き、
_1340171-0901.jpg

また赤い実の準備が始まりました。
_DSC3291-0909.jpg


母が逝って、1カ月と少し。

夫は「ついこの間にお葬式をした」と言い、私はといえば、

半年か1年経ったような気がします。

時間の感じ方って面白いですね、人によって全然違う。



ふと、アメリカ映画「ある日どこかで(Somewhere in Time)」を思い出しました。

タイムトラベルが絡む悲恋SFファンタジーで、ストーリーはなかなか杜撰なのですが(だってタイムマシンも無しに、気合いだけで時間旅行できるなんて何それ)、

映像と音楽がひたすら美しいのです。主演のクリストファー・リーヴとジェーン・シーモアも、ため息出ます。80年代、深夜の映画番組で録画して、すり切れるほど観ました。この映画でラフマニノフの美しさも知りました。



時間(とき)を超えて結ばれ、引き裂かれた恋人たち。でも物語に寄り添ううち、

2人の恋物語の本当の始まりはいったいいつだったのか、分からなくなるのです。こちらまで無限ループに引き込まれる。

時間は一方向へのみ進むのではなくて、閉じた世界の内を自由に伸び縮みしているのではないか。

そんな気にさせる映画でした。もしそうなら、



「ある日どこかで」あの優しい母に、また会えるのかもしれません。

なんてね。


※ちなみにYouTubeでサウンドトラック聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=paU0yFZ-l3E
タグ:ラズベリー

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ