2016年11月27日

チューリップ発芽しました


京都は昨夜からシトシト雨です。なんとなくベランダに出る気が起きません。

最近生活が不規則になっていることもあり、ベランダのお世話があまりできていません。

そんなところへ数日前、原種系チューリップ「サクサテリス」が芽を出しているのを見つけました。
_1340706-1126.jpg

植えっぱなしでOKという、ものぐさベランダ主にぴったりの品種。

同じく植えっぱなしOKの「トルケスタニカ」と共に、一昨年初めて球根を植えたチューリップです。

今春の花後、少し肥料と水を与えて、あとは本当に放置していました。

雨が降り込んだときは、球根って普通は掘り上げておくのに水与えたらあかんやんと思ったり。でも庭に植えっぱなしで放置しておくケースなら、雨はかかるよねと考えてみたり。

11月20日を過ぎても地上に何も現れなかったので、そろそろ土を少し掘り起こして調べてみようかと迷っていた矢先でした。

トルケスタニカはまだ一つも芽が出ていません。昨年のブログを調べると、当時もやはりサクサテリスが先に芽を出しているんですね。植物って本当に面白いです。なんて正確な体内時計!

しかし、放置前の世話はあんなので良かったのかしらと不安です。ちゃんと花が咲けばいいのですが…。



こちらは、こぼれ種から発芽していたアズーロコンパクトの、その後です。

わらわらと育ってきました。
_DSH4193-1118.jpg

野菜みたいに美味しそう。
_DSH4195-1118.jpg

2つあるプランターのうち、雨が当たりやすい場所にあるもう1つのプランターでは、この寂しさ。
_DSH4196-1118.jpg

設置場所は、わずか20〜30cmの距離の違いなのにね。

植物って本当に面白いです^^

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2016年11月23日

秋まきタイム生長中


昨夜、「今日は『いい夫婦の日』よ!」と夫に熱いハグをしたところ、

「はいはい。じゃあ次のハグは一年後ね」ですって。きぃー。

そこでネットで調べたところ、なんと本日11月23日も、

「いい夫妻の日」ではありませんか! なるほど2日連続で!

風邪気味でまだぐーぐー寝ている夫が起きたら、再ハグしてあげます。



さて10月上旬(と思う)に、コモンタイムの種をピートバンに播きました。

10月17日、発芽したての頃。水切れが心配で、また水が多すぎて少し徒長させてしまいました。
_DSC3904-1017.jpg

10月26日、かわいい双葉の間から本葉が登場。毎日、霧吹きでシュッシュと水やりです。発芽直後は、生長スピードがやや鈍っていました。気温が低くなってきたからでしょうか?
_1340543-1026-4.jpg

11月7日。ビニールポットへ移植。ポットの底にはココヤシ繊維を敷きます。土漏れが少しはマシになります。
_1340646-1107.jpg

ココヤシ繊維マットです。ばらけているココヤシ繊維を使ってもよいのですが、マットタイプのほうがまとまった形として使えて便利です。ばらけた繊維はホコリがすごくて大変。
_1340644.jpg

どんどん夜の気温が低下してきた11月上旬に、こんな小さな芽を移植して育つのか不安でした。
_1340648-1107.jpg

そこで3日間くらい、夜だけ簡易温室に入れて経過観察。

約2週間後の様子。何とか育っているようです!
_DSH4158-1118.jpg

あとは温室から出したままです。真冬もこれで大丈夫なのかしら?
_DSH4157-1118.jpg

以前タイムを春・秋両方の季節に播いて、どちらもうまくいきませんでした。ちょっと暑い日があると、あの小さな芽はあっというまに枯れてしまうようです。

ここ京都では残暑がすっかり過ぎた頃の、ちょっと遅めの秋まきがジャストのようでした。
タグ:タイム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ

2016年11月19日

ベランダも紅葉


3日前、岡崎の金戒光明寺(通称「黒谷さん)の前を通りかかりました。会津藩や新撰組にゆかりの深いお寺です。

ガラケーで撮ったので画質がよくありませんが、黒谷さんの紅葉です。
2016111615480001kurotani.jpg

今年の京都は紅葉が早いです。

例年、主な観光地で紅葉が最も盛りになるのは11月23日、勤労感謝の日のあたり。桜シーズンより、一年で一番京都が混む時期です。

ところが今年の京都は、今が見頃ですよ! 昨日、清水寺へ向かうバスに夕方乗ったら、洗濯機に放り込まれたみたいな目に遭いました_| ̄|○(ライトアップ中らしい)



さて、我が家のベランダも紅葉シーズンを迎えています。

マルベリー(桑)の葉が黄色に輝き、はらはらと舞い落ちています。
_DSH4185-1118.jpg

枝では次の芽が準備中。
_DSH4184-1118.jpg

ドッグローズの紅葉。虫か病気にやられたのか、汚くてスミマセン。
_DSH4186-1118.jpg

パープルに染まり、冬支度を始めたオレガノです。
_DSH4190-1118.jpg

9月の雨で蒸れて汚くなったペパーミントを切り戻すと、すぐに新芽が頭を出します。
_DSH4187-1118.jpg

最低気温は10℃を割るようになったのに、ヒソップはまだ咲いているんですよ。ブルーの花は気温が低いときのほうが色が引き締まり、きれいに見える気がします。
_DSH4188-1118.jpg

寒くなった夜は友人を呼んで、キノコ鍋パーティー。まる一日鶏ガラを焚いたスープに八角やクコの実を入れると、体が芯から温まります。
_1340689.jpg


ところでハーブとは全然関係ないのですが、いま京都で定期的に、ある方のインタビューを続けています。教育界でとある道をつくられた先駆者のお一人で、かなりのご高齢のご婦人です。優しくてユーモアたっぷりの、素敵な方です。

その方が10歳のころ住んでおられたお宅の住所が、私の母が2、3歳の時に住んでいた家の住所と、町名番地までぴったり同じだったことが判明しました。体じゅうがぞくぞくしました。

戦前と現在では町割りが少し違っているかもしれませんが、小さな範囲の町だし、2歳の母と10歳のその方が道ですれ違ったかもしれないことは大いに想像できます。

ワカメちゃんみたいなパッツンヘアの母が、目に浮かぶようです。タイムトラベル。

母の幼少時の住所なんて、この夏に母が亡くなって相続手続きに昔の戸籍謄本を取り寄せなければ、一生知らなかったかもしれません。そして母が他界して3週間後、その先駆者さんにお仕事で初めてお会いしたことを思うと、

「導き」って、こういうことを言うのかなと思わずにはいられませんでした。

それだけの話なんですが、力をもらえました。「この世に偶然はない、必然があるだけ」とよく言いますね。本当かどうか分からないけれど、信じてみようと思えた出来事でした。
タグ:紅葉

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング