2017年05月31日

ハイビスカス+ローズヒップのブレンドティー


前回のハイビスカスティー、酸味が強すぎたのを改良するため、ローズヒップをブレンドしました。

<250ccのマグカップ約3杯分>
・ハイビスカス…5個
・ローズヒップ…6個(4個程度でもOK)

ローズヒップは、自家製を丸ごと乾燥させて保存していたものです。キッチンバサミで縦に切り(うっかり指まで切りましたが)、中のタネと産毛を適当に取り除いて、
_DSH4876-0512.jpg

ダシ袋に入れます。これなら産毛が残っていても大丈夫。
_1360043-0513.jpg

熱湯を注ぎ、蒸らすこと約6分。
_1360049-0513.jpg

このくらいなら、二煎目もかろうじて楽しめます。
_1360055-0513.jpg


ビタミンCをレモンの20〜40倍含むと言われるローズヒップ。酸っぱいと言われがちですが、ハイビスカスティーに比べると、まろやかな酸味。ほのかな甘味さえあります。この両者をブレンドすることで、口当たりがぐっとマイルドになります。

クエン酸で体の疲れを取り、ビタミンCで抗酸化。これは本当に美味しく、元気が出ます。ハイビスカスティーは、東京五輪のマラソン王者アベベ選手が給水で使ったと伝えられるほどの、メディカルハーブティーです。ベランダ主は走りませんが、これで仕事のエネルギーをもらっています。

_1360053-0513.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年05月28日

ハイビスカスティーの酸味で朝をスタート


台湾で買ってきたローゼルで、ハイビスカスティーを何度か入れています。

使うのはローゼルという種類のハイビスカス。花が咲いた後の、ガクを乾燥させて使います。



ハーブティーの入れ方の基本は、

・カップ1杯にドライハーブ約2、3g
・1、2杯しか入れないときはハーブを少し多めに使う
・蒸らし時間は、花や葉なら約3分、種子や根など硬い材料なら約5分

なのですが、有効成分をしっかり抽出するなら蒸らし時間は、

・花や葉は約5分、種子や根は7、8分以上

にしても良いと思います。


さて、3杯分なのでハーブは9gと思ったものの、何だか多いので7gにしておきました。
_1350723-0423.jpg

台湾の市場ではむき出しで積んであったため、流水でさっと表面を洗います。

それをカップに受けただけで、水にこんなに色がついていました。
_1350727-0423.jpg

さて熱湯を注ぐと、赤い成分が出てきました! 「ヒビスシン」という、アントシアニンです。これがワインレッドのもと。
_1350726-0423.jpg

待つこと8分。ワインレッドというか、ルビーレッドにも見えます。
_1350731-0423.jpg

_1350749-0423.jpg

8分も置くと、二煎目はごく薄いピンク色にしかなりません。使用後のガクは、魂の抜けたイカのようにふにゃふにゃ。もったいないので、何か使い道はないものでしょうか。ローズヒップならジャムとかに使えるようですが。
_1350751-0423.jpg


でも3杯分に7g+8分蒸らしは、ちょっと濃かったです。

ハイビスカスティーの酸味はクエン酸なので、梅干しの酸っぱさと同じ。上記の分量では、梅干しを山盛り煮出したような酸味になって、夫には不評でした^^;

次回はもっと減らしてみます。でも、朝にこれを飲むとシャッキリします。クセになりますよ!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年05月26日

ブライダルベールとインプラント初体験


昨年、過湿で枯れ込んだところを救出したブライダルベール。

親株と、挿し木で育てた貧相な株があります。
_1350786-0430.jpg

親株に一つ、花が咲き始めていましたが、まとめてひと鉢にすることにしました。
_DSH4753-0430.jpg

こちらは挿し木を集めた根鉢。根の展開は今ひとつのようですが、健康そうな色でした。
_1350796-0430.jpg

でもよく見ると、一部に苔が…。じめじめした時期があったようです。固形肥料の残りもそのまま。これはよくありません!
_1350798-0430.jpg

反省しながら、まとめました。
_1350800-0430.jpg

過湿も乾燥も負担になるデリケートな植物らしいので、ちょうどよい厚みの鉢を見つけるのが難しいです。今回は、やや厚めの鉢に。通気性は良い鉢です。
_1350802-0430.jpg

約2週間後。無事に根が伸び始め、花も咲き始めました。
_DSH4902-0513.jpg

ブライダルベールは、一にも二にも日当たりがいのち。

西ベランダの作業イスの上に乗せて、日当たりを確保しています。

本当はリビングの窓際などに置いて楽しみたいのですが、西側の窓に日が差すのは夕方だし、南側のサッシはすりガラスなので不適。結局、外に置くしかありません。

まぁでも、かわいい花だから許しましょう。
_1360081-0523.jpg



ところで昨日、インプラント初体験をしました!

下の1本だけ、根元が折れそうな歯を抜いて、インプラントを埋め込む手術です。1本ブリッジにしてしまうと、ドミノ倒しで隣の歯がぐらついていくのが嫌で、「お試し」に1本やってみることにしました。夫は「勇敢やなぁ」とビビッていますが。

診察台に乗ると、血圧や血中酸素濃度、心拍の測定機器をつけられ、私もビビリました。

いざ始めてみると、折れそうな歯というのが、かぶせを取ると虫歯になっていたそうで、先生抜歯に四苦八苦。

ガリベキバキ!という衝撃音が頭蓋にこだましたり、途中で麻酔が弱くなって追加を直訴したり…けっこう痛かったです(:_;)。

抜いた跡の一部に骨の素を少し入れて(これが徐々に骨になるんだそうです、歯科医療は日進月歩)、人工歯根を埋める。これと周囲の骨が一体化すれば、被せをつけて完成です。それまでに4〜6カ月かかるそうです。

ガリベキバキのあたりから全身硬直して緊張のあまり震えが止まらなくなり、1時間後に終わった時には放心状態。帰宅後はしばらく寝込みました…。ただ前日から消炎・鎮痛剤を飲んでいたため、軽いうずきは続くものの、術後の痛みはほとんど感じません。

もう一度インプラントするなら、次は全身麻酔で一気にやってほしいものです。なにせ、ガリベキバキを聞きながら歯を抜かれたことがなかったので…。

そうそう、途中衝撃音とそこそこの痛みをかわす方法はないかと考え、いま合唱団で練習中のバッハを頭の中で歌いました。美しい調べを脳内で再現していると、ガリベキバキもそのうち荘厳な通奏低音に・・・

なるわけないです。


最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング