2017年06月24日

ゴーヤの過湿と人工受粉


ゴーヤの生長速度が、ここへ来て鈍っています。

6月11日の様子。
_1360161-0611.jpg

こちらが22日。10日経ったにしては、繁り方がイマイチですね。
_1360223-0622.jpg

今回のゴーヤはしっかり根を張ってもらい、たくさん繁ってもらうために、深型プランターを使用。土は先日記事に書いたカゴメの「かる〜い野菜の土」ですが、ただでさえ保水性が良すぎるためか、深型プランターでは3日経っても土の表面はしっかり湿っています。

下葉が2,3枚黄色くなったところを見ると、過湿っぽい。生長がもうひとつ遅いのは、そのためかもしれません…。

根腐れ防止というかジメジメ改善のために、ミリオン(珪酸塩白土)を土に混ぜてみようかなと考えています。



さて、初めて雌花が咲きました! 早くもミニゴーヤが。
_1360183-0622.jpg

雄花を摘み、花粉を雌しべにちょんちょん、とつけます。
_1360185-0622.jpg

うまくできたかどうか、楽しみです^^
タグ:ゴーヤ

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年06月21日

植え替え後のレモンバーム不調


昨夜は京都も大雨でした。皆さまの地方は大丈夫でしょうか。



ベランダでは、レモンバームが不調です。

4月上旬はツヤツヤとした葉が出てきていました。
_DSH4568-0407.jpg

根がいっぱいになったので、これを5月上旬に植え替え。
_1350839-0502.jpg

_1350843-0502.jpg

カゴメさんから発売された「かる〜い野菜の土」を使ってみました。
_1350847-0502.jpg

確かに非常に軽いです! ベランダ軽量化には役立ちますね。
_1350851-0502.jpg

根をずいぶん整理したので、地上部も切り戻し(すぎ)ました。
_1350853-0502.jpg

カットした葉は、残らずティーに。
_1350886-0502.jpg

_1350890-0502.jpg

ところが6月になると、葉の縁が変色してきたではありませんか!
_1360169-0611.jpg

花も咲いてきましたが、葉はどんどん退色しつつあります。
_1360173-0611.jpg

元肥入りの土で植え替えてから、まだ5週間しか経っていません。肥料切れということはないはずです。

こういう変色は根のトラブルが原因であることが多いんですが、植え替えて間もないので、根詰まりも考えにくい。

「かる〜い野菜の土」は、保水性が良すぎる気もします。ゴーヤの定植にも使ったところ、3日経っても土の表面が乾きません。ムシムシする梅雨シーズン、水持ちが良すぎるのは問題かも…。

根腐れ? 葉焼け?

水を控えめにして、様子を見てみます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月20日

マルベリーの実が熟しました


約2週間前に赤くなった、実生マルベリー(桑)の実です。
_DSH5015-0531.jpg

_DSH5022-0531.jpg

6月に入ると、黒く熟してきました。
_DSH5090-0604.jpg

ベランダ仕事のたび、数粒摘んでは口に入れていました。

やや青臭さはあるものの、濃い甘味があります。親株より、断然甘い!

しかしここ数日の暑さと、留守がちで水やりが不十分だったのが災いして、残りの実はあっという間にしなびてしまいました。また来年を楽しみにして、もっとたくさん実がなるよう研究することにします。

マルベリーは結構、水を必要とするようですね。


留守がちだったのは、所属している合唱団の演奏会のためでした。ようやく本番を終えて、肩の荷が下りたというかタマシイ抜けたというか。ぷしゅー。



音楽活動はいいですね。

指揮者から毎週受ける叱咤激励はボディブローのように効くのですが、これはもちろん愛のムチ。アマチュアとはいえ、最終的に入場料をいただいて聴いていただくには責任が伴いますから。

ベランダ主のような年齢になってくると、誰かからたびたび叱られるなんてことは滅多になくなります。

それで増長すれば、人としてつまらない。だから私も含めて年配の団員さんたち、叱られることを結構楽しんでいるようですよ^^

このムチが、たるんだ日常を引き締めるスパイスになるんです!


さて直前のオケ合わせでは、指揮者、オーケストラ、ソリスト、合唱と、四者四様に微妙に合わないこともあります。というか、合わないことが多いです。

「明日の本番はどうなるんだろう…」などと焦って寝付けず、寝不足で迎える当日。

ゲネプロ(通しのリハーサル)が始まると全員の気持ちはさらに高揚。そして本番は客席の空気を感じながら、会場全体で音楽をつくり上げる。出だしは少々かみ合わなくても、どんどん乗ってきて、

歌い終えた時の充実感は何ものにも代えられません。

目に見えるものが残るわけではないけれど、だからこそ豊かな時間を大切にしたい。

そんな生き方を続けたい。

ベランダのマルベリーとは違って、永遠に未熟な人間ではあっても。
タグ:マルベリー

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ