2017年06月02日

ベゴニアセンパフローレンス今年も開花


地上部に何も無くなったベゴニアセンパフローレンスが、今年も何とか復活しました。

ゴールデンウィーク明けにここまで葉が増えて、
_1350991-0509.jpg

5月末から咲き始めています。
_DSH4987-0531.jpg

ちょっと葉がテカっていますね。水不足のようです。
_DSH4991-0531.jpg

雄花の葯は、玉子菓子のように鮮やかな黄色をしています。
_DSH4989-0531.jpg

4月はちょっと液肥を与えすぎたかなと、反省しました。葉がもりもり大きくなりすぎたので。

促成栽培には、良いことはあまりないように思います。じわじわ育つのが一番丈夫になる。



ベランダ主はここ2週間ほど、じわじわと「めまい」と戦っています。年齢のせいでしょうか、なかなかすっきりしません。

耳鼻科で出された薬について、ドクターに質問しました。てきぱき診察してくださる、感じの良い女医さんでした。

ベランダ主「この薬、どんな副作用がありますか?」
ドクター「めまい止めの薬のくせに、(副作用に)『めまい、ふらつき』なんて書いてあります。フフッ」

こういう、じわじわくるお医者さんが好きなベランダ主でございます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング