2017年06月04日

ディコンドラに、ミニ花咲いています


西ベランダで、もう何年も育ててきたディコンドラ・シルバーフォール。

ベルベットのような産毛に覆われているにもかかわらず、耐寒性・耐暑性ともに大変強い植物なのですが、昨年は暑さにやられたのか地上部が全滅しかけて焦りました。

4月中旬、ここまで復活して、
_DSH4620-0417.jpg

5月中旬にはようやく「シルバーフォール」らしい姿に。本当は土を入れ替えたかったのですが、何やかやでそのままです…。
_DSH4870-0512.jpg


5月末から、小さな小さな花が咲いています。
_DSH5007-0531.jpg

直径3mm程度の、産毛に覆われた黄色い花。
_DSH5009-0531.jpg

_DSH5013-0531.jpg

_DSH5011-0531.jpg


花をしばらく放置しておくと、茶色の種ができます。

昨秋これを播いて発芽した実生苗も育てています。

卵パックに播き、生き残った芽を3号ポットに移植。乾燥が大好きなので、ハーブ専用土を使いました。

忙しくてあまり構ってやれなかった3月、一瞬枯れかけましたが、
_1350205-0319.jpg

持ち直して4月中旬、軌道に乗りました。こんなに小さな芽でも、ちゃんと産毛が生えてるでしょ^^
_DSH4618-0417.jpg

その1カ月後。
_DSH4849-0511.jpg

5月末の様子。ひとまず元気です。
_DSH5005-0531.jpg

まだ小さな苗なので、真夏は日陰で管理する予定です。秋にはまた生長を再開してくれることでしょう。

ベランダに穏やかな風を吹かせる、やわらかなグリーンです。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング