2017年07月11日

ローゼルにテントウムシさん、いらっしゃい


3歳からの大相撲ファンでありながら、未だに「玉鷲」「荒鷲」「千代翔馬」の顔が見分けられないベランダ主です。


さて、ベランダのローゼル(ハイビスカスティーに使う品種)の生長スピードが、梅雨に入って加速してきました。

尤も、6月下旬になってもまだプラポットのままだったので、
_1360227-0622.jpg

7月に入って深鉢に定植。かなり背丈が伸びるハーブなので、根のためにも生長スペースを確保しました。
_1360405-0701.jpg

すると、にょきにょき伸びてきました。もっと早く定植すればよかった。
_1360413-0702.jpg

ところが、若い葉を中心にアブラムシのような白い点々がどんどん付いてきて…。
_1360415-0702.jpg

こんなに覆われてしまいました。普通のアブラムシより小さな点なので、ハダニかもしれません。
_1360439-0707.jpg

すると七夕の日に、テントウムシを発見!
_1360448-0707.jpg

点があるというより、市松模様みたいです。黒と、赤っぽいベージュ色。調べると、

ヒメカメノコテントウのようです。

アブラムシやハダニを食べてくれる益虫ということなので、わくわく期待して翌日見に行くと、

白い点々がここまで減っていました。感謝!
_DSH5212-0708.jpg

さらに10日にはここまで減少していたんですが、夜中に激しい雨が軒下めがけて降り込んだらしく、それで洗われたのかもしれません。
_1360460-0710.jpg

雨が降り込んだことが、なぜ分かったのかというと、

軒下に避難させておいたゼラニウム・カリオペ。土がしっかり濡れていた上に、

こんなものまで生えていましたので・・・_| ̄|○
_1360458-0710.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ