2017年07月14日

アリさんの思わぬ引っ越し


いえ、どこかの引越会社の回し者ではありません^^;

先日、京都に大雨の予報が出ていた日、ベランダに居ついているアリに異変が起きました(ここ、マンション5階)。一斉に同じような白いモノを抱えて、引越をしていたのです。
_1360393-0701.jpg

興味津々。

室外機カバー上の棚の角っこを通りながら、そのすぐ下にあるローズマリーの大鉢と、どこかとの間を忙しく往復しています。
_1360404-0701.jpg

_1360397-0701.jpg

_1360407-0701.jpg

自分の身体の2/3から同じくらい大きな、繭型のモノ。
_1360391-0701.jpg

どうやらサナギのようでした。大雨を感じて、必死でサナギを安全な場所に移そうとしたのでしょうか。それとも一族郎党、すべて引っ越した?
_1360382-0701.jpg

そうなると「何アリ」なのか同定したくなり、マクロレンズ付きのカメラを持ち出しましたが、アリさん動きが速すぎて、なかなかピントが合いません。
_DSH5182-0702.jpg

砂糖でおびき寄せ、ようやく撮れたのがこれ。
_DSH5189-0702.jpg

体調約3mm。腹部には照りがあるけれど、頭部と胸部は光らない「アミメアリ」というのが一番近そうです。いま問題の「ヒアリ」ではないと思います…。


まぁ害がないからいいかと思っていたら、昨日の朝、なぜかそのアリたちがリビングのテーブルにいるではアリませんか! 床にも数匹!

追跡すると、ベランダの掃き出し窓の敷居と、リビングの床との間から出入りしています。こんなところから…。

我が家にあるアリ駆除スプレーは、巣にスプレー→薬剤に含まれた警戒フェロモンによって一同混乱→外に出て仲間を巣に誘引→薬剤に触れて全滅。

というメカニズムらしいのですが、説明書には食べ物の近くでは使わないようにと書いてあります。微妙な表現で困るんですよね。人体に入るとどんな影響があるのか、ハッキリしてほしい。なので、巣があると思われるローズマリーの鉢に薬剤をかけるわけにはいきません。

ひとまず室内にいたアリには薬をスプレー。床と敷居との境界にも、室内側とベランダ側から薬剤をかけておきました。巣まで薬を持ち帰る前に行き倒れるのか、夕方になると、またベランダで姿を見かけました。

数年前、月桂樹の鉢に作られた巣を水攻め+クローブとシナモンで全滅させた時は、結局月桂樹を枯らしてしまいました。なので今回は、経過観察します。

あっ、敷居の中に営巣していたら、どうしよう!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病虫害との闘い