2017年05月23日

ドッグローズのつぼみ不調


ベランダのドッグローズ。

冬に土を替えた時、今回は例年より肥料を多めに入れてみました。すると、

4月末に元気そうな蕾が無数につきました!
_DSH4772-0430.jpg

こんなにたくさん蕾がついたのは初めてだったので、小躍りしつつ開花を楽しみにしていたところ、
_DSH4850-0511.jpg

11日に一番花が咲きました。
_DSH4855-0511.jpg

しかし、その後がなかなか続きません。よくよく見てみると、

蕾の大半がカサカサに枯れてきました。
_DSH4871-0512.jpg

大ショックです。今も少しは咲いていますが、咲かずに枯れていった花には、ローズヒップは育たないのでしょうか。既に、花の根元が膨らんできている蕾はたくさんあるのですが…。

一部の株や枝葉が黄色くなっているところを見ると、さぁこれから咲くよ!という時に水切れを起こしたのかも?
_DSH4905-0513.jpg

敗因を考えてみました。

ここしばらく、夏のような日射しが続いています。気温も京都では30℃超が続き、コンクリートのベランダ内はおそらく輻射熱などで、さらに高温になっていると思います。

今回植え替えに使った土はいつもより黒く、乾いても、ぱっと見には濡れているように見えます。

そんな時に、チラッと見てまだ土が黒かったので水やりをパスした日が、1、2回ありました。


いったん水切れを起こして枯れてしまうと、もう何をやっても復活しないのでしょうか・・・って、還暦手前の身にこれは激しく

ブーメラン・・・_| ̄|○

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ハーブの最新記事】
posted by meryem at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179829089

この記事へのトラックバック