2017年07月09日

不機嫌なタイム


昨秋播いたコモンタイムが、不調です…。

真ん中の上あたり。ハダニに営巣されました_| ̄|○
_1360289-0626.jpg

大きめの浅鉢タイムも枯れ込んできたため、切り戻しました。切った部分は廃棄です。もったいない。
_1360312-0626.jpg

ゴミバケツの中はとっても良い香り。牛になりたい。
_1360310-0626.jpg

こちらは3月末のタイム。プラ鉢で育てた苗を定植したところ。
_DSH4501-0330.jpg

1カ月前にはこんなに青々としていたのに…。
_DSH5032-0531.jpg


ハーブ栽培を始めてから、ラベンダー、ローズマリー、ミント、オレガノ、タイム類は、ほぼ欠かさず何らかの品種を育てています。

そのうちタイムは、しばしば夏にフェイドアウトしがちです。特にフレンチタイムには大変嫌われています。柵の無いベランダは、夏はサウナになるんですよね。

このサウナ型ベランダで、上記ハーブを育てやすさ順に並べると、

ミント>オレガノ>ラベンダー(ここではラバンディン系限定)>ローズマリー>タイム という感じ。ローズマリーは元気なんですが、時々突然不機嫌になって枯れ込むことがあります。



不機嫌と柵で思い出しました。数日前、京都府下にある某大型ホームセンターに初めて行ったところ、ペットショップがありました。

ケージがずらり。かわいい子犬がたくさん。犬好きのベランダ主は顔を近づけたり、オリにそっと触れたりしましたが、

99%の犬は、こちらを見向きもしません。

諦めたような顔で宙を見ているか、窮屈そうな格好で、ただ寝ているか。

ほぼ成犬サイズにまで育ったコーギーも。後足を伸ばしたあの格好で、ケージの幅を全部使ってべったり寝ていました。いのちの値段は、きっとどんどん下げられたのでしょう。「5万円」の札が虚しいです。

保健所から引き取る方法や、里親制度に賛成です。良心的なブリーダーが見つかれば、そこのお世話になるのもいいでしょう。ペットショップは、全否定はしませんが、あまりにもこのお店はひどい。犬たちの孤独感がすごい。

ひとこと店長に文句言うんだったと、内気な自分に腹を立てています。あのコーギーが温かい家庭に行けますようにと、願うばかりです。
タグ:タイム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180213981

この記事へのトラックバック