2017年08月17日

今年はくっきり、大文字


お盆も終わり、また日常が始まりました…と言いたいところですが、まだ夏休み気分。困ったものです。

京の風物詩、五山送り火。

昨年は豪雨に遭ってなかなか火が点かず、いぶされた煙が雨中に見える程度という、惨憺たる状態でした。

今年はマンションから、きれいに見えました。うちのマンションからは「鳥居形」以外はすべて見えます。夫がこのマンションを買ったのは、それが最終的な決め手でした^^;

年にたった一日のことですが、京都に住んでいて良かったと思える半時間です。

以下、撮影者は夫です。

20時に点火された「大文字」。
_DSC9054-0816.jpg

アップにすると、松明がさらによく見えます。人影もたくさん。
_DSC9054-0816-2.jpg

松ヶ崎の「妙法」。

「妙」と
_DSC9072-0816.jpg

「法」。
_DSC9067-0816.jpg

上賀茂の「船形」。
_DSC9080-0816.jpg

金閣寺近くの「左大文字」。
_DSC9082-0816.jpg


亡き両親や叔父、叔母たちの霊を送る日。年々見送る人が増えてきて、自分も確実に彼岸へ近づいていることを実感する日でもあります。いつかは分からないにしても、「その日」を何となく納得する。

このアナログ感が好きです。「『その日』は何年何月何日」なんて言われたら、もう生きるのが怖くて仕方なくなります。


足場が悪いため、安全性を考慮して今年から松明をLEDに代えた送り火もあったとニュースで知りましたが、

京都の送り火だけは未来永劫、松明に火をともし続けてほしいと願っています。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【未分類の最新記事】
posted by meryem at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180686800

この記事へのトラックバック