2017年09月04日

ゼラニウム夏越しに珪酸塩白土


今朝も涼しい京都です。この数日、空気は秋です。

そんな中、高温障害で葉が白化してきたゼラニウム・アップルブロッサムを、なだめすかしながらお守り中です。

8月中旬の様子。白化と、一部の葉の枯れが進んできたので、
_1360702-0814.jpg

珪酸塩白土のミリオンを混ぜてみることにしました。
_1360706-0818.jpg

最初はいろいろ調べて、カルシウム分の多い肥料か苦土石灰を混ぜてみようと考えていたのですが、真夏にどうなんだろうとよく分からず、ミリオンに落ち着きました。

珪酸塩白土は、モンモリロナイト粘土という、日本では秋田県の特定の地域でのみ産出される土です。不純物を吸着して水や土を浄化し、カルシウムなどの微量元素も含むということで、くたびれたハーブの救出作戦にたまに使っています(救出失敗することも、間々あります^^;)。

ゼラニウムの白化進行ストップ+蒸れ防止に加え、光合成促進の効果もあるというから、白化=たぶん葉緑素が減った(?)葉にはプラスに働くのかも?

混ぜ込んでみたのが8月18日。
_1360708-0818.jpg

_1360710-0818.jpg

そして昨日の様子です。あまり効果なかったみたいです…というか、白化進行しているみたいです_| ̄|○
_1360749-0903.jpg

ミリオンを使わない方がよかったのか、もっとたくさん混ぜた方がよかったのか、それともひとえに熱帯夜続きのせいなのか。

先日ニュースで知りましたが、京都ではこの夏、例年の倍の日数、熱帯夜を記録したそうです。確かに友人知人も口を揃えて「今年は明け方が暑い」と言っていました。

ゼラニウムにはこれ以上手を加えず、経過観察することにします。とりあえず、夏を越してほしいわ。
タグ:ゼラニウム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ベランダガーデニングの最新記事】
posted by meryem at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180868337

この記事へのトラックバック