2018年08月23日

ジェノヴェーゼにカシューナッツ


朝7時。西ベランダからホースを引っ張り、リビングを通して南ベランダへ。
_1370860-0822.jpg

何をするのかとお思いでしょうが、悩んだ挙句の策でした。

バジル洗浄!
_1370865-0822.jpg

ここまで繁らせておきながら、美味しそうな松の実の入手に手間取り、今年初のジェノヴェーゼ作りがやっと実現しました。
_1370861-0822.jpg

例年はジェノヴェーゼ作りの前日、水道のある西ベランダへバジルのプランターを移動。ゆるいシャワーモードでバジルを洗い、翌日まで自然乾燥させます。収穫して洗って水気を切って…という手間が省けて即使えるので、今までこの方法を取ってきました。

今年は西ベランダの一部で、黒いアブラムシが発生中。珍しく南ベランダにアブラムシが発生していないので、ここで西ベランダからアブラムシをもらいたくない。

というわけで、リビング経由でホースを南ベランダへ延ばしたのであります。

今年のバジルはアブラムシの被害には遭わなかったものの、アザミウマに汁をちゅうちゅう吸われ、汚くなった葉が少なくありません。けっこう大胆に葉を間引いたものの、使える葉が約200gありました。
_1370882-0822.jpg


さて松の実ですが、適正価格で美味しそうな松の実を探すのに時間がかかりました。この数年、松の実を置いている店が近所で減っていき、品薄を痛感。

以前、安さ優先でネットショップで買ったら、油が回ったような味でヒドイ目に遭いました。なのでネットで探し回った挙句、ようやく手を打とうと思えるブツを見つけて購入。

宣伝料も何もいただいていませんが、楽天のタマチャンショップというお店で、中国産・特級AAグレードという松の実を買いました。
_1370883-0822.jpg

以前ソウルのナッツ屋で「中国産と韓国産、どちらの松の実が美味しいんですか?」と尋ねると、お兄さんとびきりの笑顔で「韓国産に決まっとろうが!」みたいなことを言っておられたのを思い出しましたが、産地による品質の違いも知らず、グレードの等級があるなんてことも知らなかったのに松の実1袋買うまで1カ月以上かかる私は、変なところに慎重居士です。

そして!

今回は松の実さらに高騰という暗い未来に備えて、代用品テストも行いました。

ネット情報を読み比べた結果、カシューナッツの可能性を試すことに。ということで今回は、

@松の実+クルミ
Aカシューナッツ +クルミ

という2バージョンを調理。


前置きが長くなりましたが、

松の実とクルミを軽くローストして冷まします(カシューナッツは素焼きしてあったので、そのまま使用)。
_1370885-0822.jpg

_1370887-0822.jpg

他の材料は、バジル、ニンニクみじん切り、パルメザンチーズ(粉)、岩塩、胡椒、オリーブオイル(エクストラバージン)です。

チーズ以外の材料を入れ、バジルとオリーブオイルを予定の半量ほど加え、フードカッターにかけます。
_1370891-0822.jpg

残りのバジルをぎゅうぎゅう投入し、オリーブオイルも残りを加えて再び回します。
_1370893-0822.jpg

素焼きカシューナッツを丸ごと投入してカッター回したら、回転刃のプラスチック製軸受けにヒビが・・・
_1370895-0822.jpg

気を取り直し、チーズを足してまた回し、塩胡椒で最終的に味を整えれば完成です。チーズに意外と塩気があるので、塩は最初控えめにしておくと味付けに失敗しません。

ガラスのジャーにペーストを入れ、酸化防止のためオリーブオイルで数mmの層を乗せればOKです。


今回初めて、一部をジップロックで冷凍保存することにしました。解凍したときの風味に懐疑的だったので、今まで試したことがなかったのですが、

先日知り合ったカフェオーナーさんに教えていただいたので、即実行。厚さ1cm弱の板ジェノヴェーゼ にしておけば、使う分だけパキッと割って楽チンというわけです。風味の劣化も、あまりないらしいです。
_1370897-0822.jpg

大量に作ったけれどそう毎日は使わないうちに、やがてジャーの中のグリーンが茶色くなって「残念…」ということもあったので、今後はどんどん冷凍していこうと思います。

昨日は作りたてのペーストで、パスタランチにしました。ひとまず、夏の仕事が一つ終わった感じです^^;


そういえば今年初めて、バジルの花穂を見つけました。
_1370870-0822.jpg

もう秋が近いのか、それとも肥料が少なくなってきたのでしょうか。

また明日から、3000倍希釈の極薄液肥を与えようと思います。

松の実の代わりにカシューナッツを使ったジェノヴェーゼ は、松の実の「甘味を備えたコク」に近いものがありました。ミルキーな風味もコクをサポート。私の中ではカシューナッツ、十分代用できます!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ハーブの最新記事】
posted by meryem at 02:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハーブ
この記事へのコメント
おはようございます。
いつもありがとうございます。
とてもいいジェノヴェーゼが出来ましたねぇ。
美味しそうですねぇ
追伸、アザミウマにはモスピランが一番効きます、もしかしたらベランダで長年に渡って色々な植物を作っておられるので色々な虫や病気が入っている感じがします。
バジルには今の段階ではモスピランは散布は難しいと思います(散布後10日)が一度ベランダ全体をダニ剤、殺虫剤で消毒したほうがいいです。
いつかやらないと、このままでは次必ず出ます。
アザミウマは農薬なしでは抜けません。また、必ず出ます、OFFの時期に決断して薬散をお勧めします。
Posted by バジル at 2018年08月23日 05:49
>バジル屋さん

おはようございます!
いつもありがとうございます。

>ベランダで長年に渡って色々な植物を作っておられるので
>色々な虫や病気が入っている感じがします。

もう、おっしゃる通りだと思います・・・。
アザミウマやハダニは必ず発生しますし、
バラには必ずうどんこ病が来ます。

>OFFの時期に決断して薬散をお勧めします。

こういう場合、栽培中の多年草(ハーブ)はどうなるのでしょうか。
強い薬剤をベランダ中に散布するとなると・・・。
そのうち、また口に入れても大丈夫になるのでしょうか。

鉢から土から、その辺に置いてある用具とかも、
全て殺虫・殺菌・消毒しないと
おそらく意味がないんですよね・・・。
大仕事になりますね。
Posted by meryem at 2018年08月23日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184240490

この記事へのトラックバック