2017年05月26日

ブライダルベールとインプラント初体験


昨年、過湿で枯れ込んだところを救出したブライダルベール。

親株と、挿し木で育てた貧相な株があります。
_1350786-0430.jpg

親株に一つ、花が咲き始めていましたが、まとめてひと鉢にすることにしました。
_DSH4753-0430.jpg

こちらは挿し木を集めた根鉢。根の展開は今ひとつのようですが、健康そうな色でした。
_1350796-0430.jpg

でもよく見ると、一部に苔が…。じめじめした時期があったようです。固形肥料の残りもそのまま。これはよくありません!
_1350798-0430.jpg

反省しながら、まとめました。
_1350800-0430.jpg

過湿も乾燥も負担になるデリケートな植物らしいので、ちょうどよい厚みの鉢を見つけるのが難しいです。今回は、やや厚めの鉢に。通気性は良い鉢です。
_1350802-0430.jpg

約2週間後。無事に根が伸び始め、花も咲き始めました。
_DSH4902-0513.jpg

ブライダルベールは、一にも二にも日当たりがいのち。

西ベランダの作業イスの上に乗せて、日当たりを確保しています。

本当はリビングの窓際などに置いて楽しみたいのですが、西側の窓に日が差すのは夕方だし、南側のサッシはすりガラスなので不適。結局、外に置くしかありません。

まぁでも、かわいい花だから許しましょう。
_1360081-0523.jpg



ところで昨日、インプラント初体験をしました!

下の1本だけ、根元が折れそうな歯を抜いて、インプラントを埋め込む手術です。1本ブリッジにしてしまうと、ドミノ倒しで隣の歯がぐらついていくのが嫌で、「お試し」に1本やってみることにしました。夫は「勇敢やなぁ」とビビッていますが。

診察台に乗ると、血圧や血中酸素濃度、心拍の測定機器をつけられ、私もビビリました。

いざ始めてみると、折れそうな歯というのが、かぶせを取ると虫歯になっていたそうで、先生抜歯に四苦八苦。

ガリベキバキ!という衝撃音が頭蓋にこだましたり、途中で麻酔が弱くなって追加を直訴したり…けっこう痛かったです(:_;)。

抜いた跡の一部に骨の素を少し入れて(これが徐々に骨になるんだそうです、歯科医療は日進月歩)、人工歯根を埋める。これと周囲の骨が一体化すれば、被せをつけて完成です。それまでに4〜6カ月かかるそうです。

ガリベキバキのあたりから全身硬直して緊張のあまり震えが止まらなくなり、1時間後に終わった時には放心状態。帰宅後はしばらく寝込みました…。ただ前日から消炎・鎮痛剤を飲んでいたため、軽いうずきは続くものの、術後の痛みはほとんど感じません。

もう一度インプラントするなら、次は全身麻酔で一気にやってほしいものです。なにせ、ガリベキバキを聞きながら歯を抜かれたことがなかったので…。

そうそう、途中衝撃音とそこそこの痛みをかわす方法はないかと考え、いま合唱団で練習中のバッハを頭の中で歌いました。美しい調べを脳内で再現していると、ガリベキバキもそのうち荘厳な通奏低音に・・・

なるわけないです。


最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年05月12日

こぼれ種アズーロコンパクト開花


ベランダに掛けたプランターの中で冬越しした、アズーロコンパクト。

3月初旬にこぼれ種から芽が出揃って賑やかになり、
_DSH4382-0305.jpg

春の日射しを浴びて、すくすく生長。
_1350419-0407.jpg

4月24日に蕾を発見しました。
_DSH4746-0424.jpg

_DSH4783-0430.jpg

_DSH4747-0424.jpg

そしてゴールデンウィークが過ぎて、開花しました!
_DSH4823-0509.jpg

_1350997-0509.jpg

白とブルーの混植です。今のところ、白が多いです。
_1360002-0509.jpg

冬の間は何もせず、ごくたまに水を与えていました。あとは早春に固形肥料を置き、芽が育ってきた3月中旬からごく薄い液肥を月に2回ほど与えてきました。



2つのプランターは、ほんの30〜40cm離れているだけなのですが、こぼれ種からの発芽数は全然違います。

ベランダの角近くにあるプランターは発芽が少なく、少し引っ込んだ所に掛けたプランターにはびっしり芽が出ました。

角近くのプランターのほうが、風雨の影響が強いようです。そのぶん、夏から蒸れ気味だったのかもしれません。

ちょっとした違いで大きな違いが生まれるものなんですね。他にも要因があるのかしら。

今年も咲かせたままにして、またこぼれ種状態で冬を越してくれればと願っています。
_DSH4838-0511.jpg

_1360018-0511.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年04月29日

ソフォラ・リトルベイビー咲いています


室外機上の特等席で、ソフォラ・リトルベイビーの花が咲きました。

22日頃から1つ、2つと開花。
_1350681-0422.jpg

ややオレンジがかった鮮やかな黄色の花弁です。
_DSH4739-0424.jpg

これがもう少し経つと花弁の先が開き、たぶん雄しべがけろ〜っと現れて、
_DSH4735-0424.jpg

未確認生命体が舌を出して人類をせせら笑っているような、不気味にして愛嬌のある顔になるのでございます。

これからの蕾も多数。近年、徐々に花数が増えてきましたが、鉢増しはスペースの都合上できません。
_DSH4736-0424.jpg

我が家のは芯止めしてありますが、もっと大鉢に植えて放置していたら、軽く1mは超えたでしょう。

いずれにしても風に身を任せ、中原中也の詩のように「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」とけだるそうに頭を振り続ける、不思議なグリーンなのでございます。
_1350679-0422.jpg
タグ:ソフォラ

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング