2017年06月07日

ゼラニウム・アップルブロッサムの二番花


ゴールデンウィーク前に最初の花が咲いた、ゼラニウム・アップルブロッサム。二番花の蕾が上がってきてから約半月で、
_DSH4852-0511.jpg

開花しました。
_DSH4981-0531.jpg

一番花とは比較にならないほど、ゴージャスです。買ってよかった!
_DSH4979-0531.jpg

淡いピンクに縁どられた蕾のときのほうが、優雅ですね。
_DSH5036-0531.jpg

情報によれば、夏の蒸し暑さに弱いそうなので、年中丈夫なゼラニウム・カリオペと同じ条件で管理するのは止めた方がよさそうです。

そのカリオペは絶好調です。
_DSH4983-0531.jpg

_DSH4986-0531.jpg

_DSH4999-0531.jpg

カリオペは病虫害とはほぼ無縁なので育てやすいし、夏休みを挟んで冬まで咲いてくれるので、ベランダの貴重なアクセント。

カリオペもアップルブロッサムも、普通の園芸用土にパーライトを多めに混ぜ込んで、排水性と通気性を確保しています。腰壁の縁に鉢を掛けているため、雨も当たります。排水性にはかなり気を遣うところ。

今年は液肥を与える頻度を、昨年より増やしてみました。花が豪華になったのは、そのおかげでしょうか。

肥料の量はいつも迷いますが、やはり花ものはちゃんと施肥しないといけないようですね。つい、肥料少なめのハーブと一緒のローテーションで花ものに施肥すると、きれいに咲かないことが多い。

ハーブと花ものとで液肥の濃度や頻度を変えたりするのは、正直言って面倒…。一度に二つのことができなくなってきたベランダ主としては、自動灌水器のような「自動施肥器」があるといいなぁ…などと、欲深いことを考えています。
_DSH5129-0606.jpg
タグ:ゼラニウム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年06月04日

ディコンドラに、ミニ花咲いています


西ベランダで、もう何年も育ててきたディコンドラ・シルバーフォール。

ベルベットのような産毛に覆われているにもかかわらず、耐寒性・耐暑性ともに大変強い植物なのですが、昨年は暑さにやられたのか地上部が全滅しかけて焦りました。

4月中旬、ここまで復活して、
_DSH4620-0417.jpg

5月中旬にはようやく「シルバーフォール」らしい姿に。本当は土を入れ替えたかったのですが、何やかやでそのままです…。
_DSH4870-0512.jpg


5月末から、小さな小さな花が咲いています。
_DSH5007-0531.jpg

直径3mm程度の、産毛に覆われた黄色い花。
_DSH5009-0531.jpg

_DSH5013-0531.jpg

_DSH5011-0531.jpg


花をしばらく放置しておくと、茶色の種ができます。

昨秋これを播いて発芽した実生苗も育てています。

卵パックに播き、生き残った芽を3号ポットに移植。乾燥が大好きなので、ハーブ専用土を使いました。

忙しくてあまり構ってやれなかった3月、一瞬枯れかけましたが、
_1350205-0319.jpg

持ち直して4月中旬、軌道に乗りました。こんなに小さな芽でも、ちゃんと産毛が生えてるでしょ^^
_DSH4618-0417.jpg

その1カ月後。
_DSH4849-0511.jpg

5月末の様子。ひとまず元気です。
_DSH5005-0531.jpg

まだ小さな苗なので、真夏は日陰で管理する予定です。秋にはまた生長を再開してくれることでしょう。

ベランダに穏やかな風を吹かせる、やわらかなグリーンです。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年06月02日

ベゴニアセンパフローレンス今年も開花


地上部に何も無くなったベゴニアセンパフローレンスが、今年も何とか復活しました。

ゴールデンウィーク明けにここまで葉が増えて、
_1350991-0509.jpg

5月末から咲き始めています。
_DSH4987-0531.jpg

ちょっと葉がテカっていますね。水不足のようです。
_DSH4991-0531.jpg

雄花の葯は、玉子菓子のように鮮やかな黄色をしています。
_DSH4989-0531.jpg

4月はちょっと液肥を与えすぎたかなと、反省しました。葉がもりもり大きくなりすぎたので。

促成栽培には、良いことはあまりないように思います。じわじわ育つのが一番丈夫になる。



ベランダ主はここ2週間ほど、じわじわと「めまい」と戦っています。年齢のせいでしょうか、なかなかすっきりしません。

耳鼻科で出された薬について、ドクターに質問しました。てきぱき診察してくださる、感じの良い女医さんでした。

ベランダ主「この薬、どんな副作用がありますか?」
ドクター「めまい止めの薬のくせに、(副作用に)『めまい、ふらつき』なんて書いてあります。フフッ」

こういう、じわじわくるお医者さんが好きなベランダ主でございます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング