2017年05月28日

ハイビスカスティーの酸味で朝をスタート


台湾で買ってきたローゼルで、ハイビスカスティーを何度か入れています。

使うのはローゼルという種類のハイビスカス。花が咲いた後の、ガクを乾燥させて使います。



ハーブティーの入れ方の基本は、

・カップ1杯にドライハーブ約2、3g
・1、2杯しか入れないときはハーブを少し多めに使う
・蒸らし時間は、花や葉なら約3分、種子や根など硬い材料なら約5分

なのですが、有効成分をしっかり抽出するなら蒸らし時間は、

・花や葉は約5分、種子や根は7、8分以上

にしても良いと思います。


さて、3杯分なのでハーブは9gと思ったものの、何だか多いので7gにしておきました。
_1350723-0423.jpg

台湾の市場ではむき出しで積んであったため、流水でさっと表面を洗います。

それをカップに受けただけで、水にこんなに色がついていました。
_1350727-0423.jpg

さて熱湯を注ぐと、赤い成分が出てきました! 「ヒビスシン」という、アントシアニンです。これがワインレッドのもと。
_1350726-0423.jpg

待つこと8分。ワインレッドというか、ルビーレッドにも見えます。
_1350731-0423.jpg

_1350749-0423.jpg

8分も置くと、二煎目はごく薄いピンク色にしかなりません。使用後のガクは、魂の抜けたイカのようにふにゃふにゃ。もったいないので、何か使い道はないものでしょうか。ローズヒップならジャムとかに使えるようですが。
_1350751-0423.jpg


でも3杯分に7g+8分蒸らしは、ちょっと濃かったです。

ハイビスカスティーの酸味はクエン酸なので、梅干しの酸っぱさと同じ。上記の分量では、梅干しを山盛り煮出したような酸味になって、夫には不評でした^^;

次回はもっと減らしてみます。でも、朝にこれを飲むとシャッキリします。クセになりますよ!

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 12:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年05月25日

ローズゼラニウムと桑の実


ローズゼラニウムが、親株、挿し木をした子株ともに開花中です。
_1360065-0516.jpg

親株は葉色に元気がないと思っていましたが、花数が子株より多いのはさすが年の功(?)。
_1360103-0523.jpg

_DSH4866-0512.jpg

あまり鉢数を増やせないので、親株はこの花を楽しんだら引退してもらうつもりです。

それにしても、ユニークな形の雌しべですね。
_DSH4909-0513.jpg

隣では、実生マルベリーの実が赤く色づいてきました。
_1360107-0523.jpg

親株が一番元気な時は、ソラマメの2/3くらいの大きさの実が鈴なりでしたが、

子株の実は、小豆粒の半分程度にしか育ちませんでした…かなり貧相。

今年は土替えを怠ったせいでしょうか。やっぱりベランダ仕事は、サボったら駄目ですね(嘆)。



黒く熟したら、口に入れてみようと思います。ついでに葉っぱも乾燥させ、ハーブティーにしてみようかと。

品種が違うので何とも言えないのですが、マルベリーの葉には、食事後の血糖値の上昇を抑える働きがあると言われるんですよ。まさにベランダ主のもとにあるべくしてある、

ハーブの一つなのでございます。
_1360105-0523.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年05月23日

ドッグローズのつぼみ不調


ベランダのドッグローズ。

冬に土を替えた時、今回は例年より肥料を多めに入れてみました。すると、

4月末に元気そうな蕾が無数につきました!
_DSH4772-0430.jpg

こんなにたくさん蕾がついたのは初めてだったので、小躍りしつつ開花を楽しみにしていたところ、
_DSH4850-0511.jpg

11日に一番花が咲きました。
_DSH4855-0511.jpg

しかし、その後がなかなか続きません。よくよく見てみると、

蕾の大半がカサカサに枯れてきました。
_DSH4871-0512.jpg

大ショックです。今も少しは咲いていますが、咲かずに枯れていった花には、ローズヒップは育たないのでしょうか。既に、花の根元が膨らんできている蕾はたくさんあるのですが…。

一部の株や枝葉が黄色くなっているところを見ると、さぁこれから咲くよ!という時に水切れを起こしたのかも?
_DSH4905-0513.jpg

敗因を考えてみました。

ここしばらく、夏のような日射しが続いています。気温も京都では30℃超が続き、コンクリートのベランダ内はおそらく輻射熱などで、さらに高温になっていると思います。

今回植え替えに使った土はいつもより黒く、乾いても、ぱっと見には濡れているように見えます。

そんな時に、チラッと見てまだ土が黒かったので水やりをパスした日が、1、2回ありました。


いったん水切れを起こして枯れてしまうと、もう何をやっても復活しないのでしょうか・・・って、還暦手前の身にこれは激しく

ブーメラン・・・_| ̄|○

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ