2017年07月23日

エキナセア育苗に苦闘中


ベランダ主イチオシの宇良関が、初金星→男泣きの直後にけがをしてしまったようで無念の負け越し。私の名古屋場所はほぼ終わりました…。残る興味は、碧山の逆転優勝なるか?!という一点のみであります。


さて、今日のお題はエキナセアです。今年の4月に種を播き、発芽はゆっくりだったように記憶しています。

5月4日の様子。
_1350942-0504.jpg

6月に入っても、まだセルトレイのままだったので、3号プラ鉢に移植してみました。
_1360134-0602.jpg

思ったほど根が張っていなかったのが、気がかりでしたが・・・。
_1360136-0602.jpg

何とか6月は、ゆっくりと育ってくれていました。
_DSH5051-0604.jpg

しかし6月下旬からハダニにやられてきたみたいで、加えて過湿気味のもよう。葉が枯れてきました。これはいかん!
_1360229-0622.jpg

考えてみたら、セルトレイであまり根が張っていなかったのに、さらにたくさんの土に包まれた訳なので、

常にジメジメして当然でした・・・_| ̄|○

反省して、これでもかというくらい土の表面が白くなるまで放置することに。

そのうち茶色く枯れた葉が落ちて、7月中旬には株元から新しい芽が!
_1360468-0717.jpg

約4カ月かけて、ふりだしに戻っただけですね^^;
_1360492-0722.jpg

エキナセアは、とにかくジメジメ厳禁ということが実感できました。なんとか夏越しさせて、気長に育てることにします(前向き)。
_1360500-0722.jpg

宇良関も、ちゃんとけがを治して夏越ししていただきたいものです。当たりを重くするために、頑張って体重増やしたそうじゃありませんか。そのぶん膝に負担がかかったのではとも、案ずるのであります。

あんまり急激に体重増やすと、ベランダ主みたいに膝がもっと悪くなりますよ!(自爆)
タグ:エキナセア

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年07月11日

ローゼルにテントウムシさん、いらっしゃい


3歳からの大相撲ファンでありながら、未だに「玉鷲」「荒鷲」「千代翔馬」の顔が見分けられないベランダ主です。


さて、ベランダのローゼル(ハイビスカスティーに使う品種)の生長スピードが、梅雨に入って加速してきました。

尤も、6月下旬になってもまだプラポットのままだったので、
_1360227-0622.jpg

7月に入って深鉢に定植。かなり背丈が伸びるハーブなので、根のためにも生長スペースを確保しました。
_1360405-0701.jpg

すると、にょきにょき伸びてきました。もっと早く定植すればよかった。
_1360413-0702.jpg

ところが、若い葉を中心にアブラムシのような白い点々がどんどん付いてきて…。
_1360415-0702.jpg

こんなに覆われてしまいました。普通のアブラムシより小さな点なので、ハダニかもしれません。
_1360439-0707.jpg

すると七夕の日に、テントウムシを発見!
_1360448-0707.jpg

点があるというより、市松模様みたいです。黒と、赤っぽいベージュ色。調べると、

ヒメカメノコテントウのようです。

アブラムシやハダニを食べてくれる益虫ということなので、わくわく期待して翌日見に行くと、

白い点々がここまで減っていました。感謝!
_DSH5212-0708.jpg

さらに10日にはここまで減少していたんですが、夜中に激しい雨が軒下めがけて降り込んだらしく、それで洗われたのかもしれません。
_1360460-0710.jpg

雨が降り込んだことが、なぜ分かったのかというと、

軒下に避難させておいたゼラニウム・カリオペ。土がしっかり濡れていた上に、

こんなものまで生えていましたので・・・_| ̄|○
_1360458-0710.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年07月09日

不機嫌なタイム


昨秋播いたコモンタイムが、不調です…。

真ん中の上あたり。ハダニに営巣されました_| ̄|○
_1360289-0626.jpg

大きめの浅鉢タイムも枯れ込んできたため、切り戻しました。切った部分は廃棄です。もったいない。
_1360312-0626.jpg

ゴミバケツの中はとっても良い香り。牛になりたい。
_1360310-0626.jpg

こちらは3月末のタイム。プラ鉢で育てた苗を定植したところ。
_DSH4501-0330.jpg

1カ月前にはこんなに青々としていたのに…。
_DSH5032-0531.jpg


ハーブ栽培を始めてから、ラベンダー、ローズマリー、ミント、オレガノ、タイム類は、ほぼ欠かさず何らかの品種を育てています。

そのうちタイムは、しばしば夏にフェイドアウトしがちです。特にフレンチタイムには大変嫌われています。柵の無いベランダは、夏はサウナになるんですよね。

このサウナ型ベランダで、上記ハーブを育てやすさ順に並べると、

ミント>オレガノ>ラベンダー(ここではラバンディン系限定)>ローズマリー>タイム という感じ。ローズマリーは元気なんですが、時々突然不機嫌になって枯れ込むことがあります。



不機嫌と柵で思い出しました。数日前、京都府下にある某大型ホームセンターに初めて行ったところ、ペットショップがありました。

ケージがずらり。かわいい子犬がたくさん。犬好きのベランダ主は顔を近づけたり、オリにそっと触れたりしましたが、

99%の犬は、こちらを見向きもしません。

諦めたような顔で宙を見ているか、窮屈そうな格好で、ただ寝ているか。

ほぼ成犬サイズにまで育ったコーギーも。後足を伸ばしたあの格好で、ケージの幅を全部使ってべったり寝ていました。いのちの値段は、きっとどんどん下げられたのでしょう。「5万円」の札が虚しいです。

保健所から引き取る方法や、里親制度に賛成です。良心的なブリーダーが見つかれば、そこのお世話になるのもいいでしょう。ペットショップは、全否定はしませんが、あまりにもこのお店はひどい。犬たちの孤独感がすごい。

ひとこと店長に文句言うんだったと、内気な自分に腹を立てています。あのコーギーが温かい家庭に行けますようにと、願うばかりです。
タグ:タイム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ