2017年07月06日

梅雨のハーブ


福岡・大分両県で大雨の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申しあげます。

被害のひどかった日田市は夫婦で何度も訪れ、楽しい思い出の詰まった地です。知人も多く、なおさら心配で胸が痛みます。

雨は恵みをもたらしてくれるけれど、牙をむいたときは本当に怖い。これ以上被害が広がらないよう、切に願うばかりです。


梅雨のベランダガーデンは蒸れとの戦いですが、いろいろなハーブの開花期でもあります。特に6月は花盛りでした。

大好きな、ヒソップの花です。
_1360201-0622.jpg

イタリアンオレガノの花。スイートマジョラムの花にそっくり。
_1360204-0622.jpg

フェンネルは1mくらいに育ちました。
_DSH5068-0604.jpg

7月に入ってから鉢増しをしました。生長スピードや、すぐしおれがちな様子を見ていると窮屈そうだなと思って。

直根性なので、風で茎が強く揺れると根にも影響があるかなと思い、左右からヒモでサポート。
_1360365-0701.jpg

鉢増しは正解だったようです。なんだかイキイキしてきたみたい。
_1360417-0702.jpg

6月下旬から咲き出したマロウ(ウスベニアオイ)、面白いように咲いています。
_1360411-0702.jpg

イタリアンパセリの花は、とってもキュート。
_1360193-0622.jpg

なぜかアリに好かれていました。蜜狙いならいいんですが、アブラムシ狙いだと嫌だなぁ。
_1360237-0623.jpg

確かめたくても、老眼でアブラムシの有無は分かりませんでした…。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年07月01日

マロウ咲き出しました


マロウ(ウスベニアオイ)が先週から咲いています。
_1360343-0629.jpg

_1360285-0626.jpg

前回播種から挑んで失敗したので、今年は苗からの栽培です。

6月20日頃から茎がぴゅーっと伸びて、
_1360235-0623.jpg

6月22日に蕾が登場。
_1360189-0622.jpg

そこから、日に2、3個ずつ咲いています。

葉はハダニの猛攻撃に遭って、白い点々に覆われていますが…。
_1360267-0626.jpg

赤茶色の粒が、憎っくきハダニ! 白いのはアブラムシ?! 老眼はつらいよ。
_1360265-0626.jpg

ハダニ攻撃をものともせず、蕾はどんどん上がっています。
_1360287-0626.jpg

咲いた当日に収穫していきます。今年はいくつゲットできるかな?
_1360316-0626.jpg

前回収穫できた時はフレッシュフラワーでもティーを試していましたが、

ドライにした方がきれいな色が出るそうです。

花を摘んだ後は、シャワーを霧モードにしてハダニ退治。
_1360320-0626.jpg

シャワーをかけても卵が土の中にいたりしたら意味ないんですが、気は心であります。


それにしても阪神は怒涛の8連敗! というか広島、負けなさすぎ。

交流戦前半は「今年はいけるのか?!」と思ったんですが、いつもの阪神に戻りましたとさ…_| ̄|○

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月28日

スイートマジョラム、喜びと幸せと、1/2の悲しみと


梅雨空の下、スイートマジョラムの花が咲いています。
_1360199-0622.jpg

ゴールデンウィークにはこんなにみずみずしい色だったのですが、
_1350948-0506.jpg

今は少しハダニにやられて葉色が悪くなりました…。
_1360283-0626.jpg

蕾の時も愛らしいですよね。ミニサイコロ。
_DSH5094-0604.jpg

スイートマジョラムの花言葉は"Joy and happiness"、「喜びと幸せ」だそうです。毎日がそうであればいいなぁ。
_DSH5112-0606.jpg



毎日ネットを使っていると、幾度となく海老蔵さんのお辛そうなコメントを目にします。あのように若くして召された奥様も残されたご家族も、どれほどかお心残りでしょう。

海老蔵さんが今もブログを頻繁に更新しておられることについて、批判の声があるそうですね。ご本人は更新することにより、多くの方々と「繋がっている」ことで支えられている、というようなことも書いておられました。


母が亡くなった時のことを、また少し書いてもいいですか。

あの頃ありがたかったのは、慰めの言葉はもちろんそうですが、母の思い出をシェアできる人との会話でした。

「あなたのお母さんは、これこれ、こういう方だったのよ。優しい人でした」なんて言われた日にはもう、嬉しくて抱きつきたくなったことも。



「第九」の歌詞のもとになった詩を書いた、ドイツの詩人シラー。彼に、こんな名言があります。

「友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする」

母の思い出を知人と語っていた時、その言葉を思い出しました。

故人は「私たちの心の中で生きている」。思い出を分かち合うとき、それを実感できるのです。


むかし父が他界した後、母、兄と実家で集まる時はいつも、父の他愛もない思い出話をしながらご飯を食べたものでした。そこに父がいるように、みんなで冗談を言い、笑い合ったものです。

母が亡くなって痛いほど感じたのは、同じように母との半世紀以上にわたる思い出を語り合える人が、今度は私の近くにいないことでした。父が亡くなった時独身だった兄は、今は家庭を持っています。そして夫が私の母について知っているのは、ほんの一面。

それに気づいた時、父の時とは比べものにならないほどの孤独を感じました。



海老蔵さんがブログを更新し続けている理由は、もちろんご本人にしかわかり得ないこと。けれど、大切な奥様との思い出を多くの方々と分かち合うことによって、奥様は今もいろんな人の中で生き続けていることを確かめたいのではないか。それが幸せな思い出でも、たとえ辛い思い出だとしても。

そんなふうにも感じます。

大切な人を喪った人の涙を拭いてあげるのと同じように、「その人は私の中でも生きているよ」と話しかける。

それもまた、悲しみを半分にするのではないかと思うのです。


皆さまの明日に、"Joy and happiness"が訪れますように。
タグ:タイム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ