2017年06月28日

スイートマジョラム、喜びと幸せと、1/2の悲しみと


梅雨空の下、スイートマジョラムの花が咲いています。
_1360199-0622.jpg

ゴールデンウィークにはこんなにみずみずしい色だったのですが、
_1350948-0506.jpg

今は少しハダニにやられて葉色が悪くなりました…。
_1360283-0626.jpg

蕾の時も愛らしいですよね。ミニサイコロ。
_DSH5094-0604.jpg

スイートマジョラムの花言葉は"Joy and happiness"、「喜びと幸せ」だそうです。毎日がそうであればいいなぁ。
_DSH5112-0606.jpg



毎日ネットを使っていると、幾度となく海老蔵さんのお辛そうなコメントを目にします。あのように若くして召された奥様も残されたご家族も、どれほどかお心残りでしょう。

海老蔵さんが今もブログを頻繁に更新しておられることについて、批判の声があるそうですね。ご本人は更新することにより、多くの方々と「繋がっている」ことで支えられている、というようなことも書いておられました。


母が亡くなった時のことを、また少し書いてもいいですか。

あの頃ありがたかったのは、慰めの言葉はもちろんそうですが、母の思い出をシェアできる人との会話でした。

「あなたのお母さんは、これこれ、こういう方だったのよ。優しい人でした」なんて言われた日にはもう、嬉しくて抱きつきたくなったことも。



「第九」の歌詞のもとになった詩を書いた、ドイツの詩人シラー。彼に、こんな名言があります。

「友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする」

母の思い出を知人と語っていた時、その言葉を思い出しました。

故人は「私たちの心の中で生きている」。思い出を分かち合うとき、それを実感できるのです。


むかし父が他界した後、母、兄と実家で集まる時はいつも、父の他愛もない思い出話をしながらご飯を食べたものでした。そこに父がいるように、みんなで冗談を言い、笑い合ったものです。

母が亡くなって痛いほど感じたのは、同じように母との半世紀以上にわたる思い出を語り合える人が、今度は私の近くにいないことでした。父が亡くなった時独身だった兄は、今は家庭を持っています。そして夫が私の母について知っているのは、ほんの一面。

それに気づいた時、父の時とは比べものにならないほどの孤独を感じました。



海老蔵さんがブログを更新し続けている理由は、もちろんご本人にしかわかり得ないこと。けれど、大切な奥様との思い出を多くの方々と分かち合うことによって、奥様は今もいろんな人の中で生き続けていることを確かめたいのではないか。それが幸せな思い出でも、たとえ辛い思い出だとしても。

そんなふうにも感じます。

大切な人を喪った人の涙を拭いてあげるのと同じように、「その人は私の中でも生きているよ」と話しかける。

それもまた、悲しみを半分にするのではないかと思うのです。


皆さまの明日に、"Joy and happiness"が訪れますように。
タグ:タイム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月25日

ハーバルセラピスト合格しました


日本メディカルハーブ協会「ハーバルセラピスト」試験の、合格通知が届きました!

勉強不足もあって予想以上に難しく、郵便受けの中に薄い封筒を見つけた時は思わず不合格通知?とドキドキしましたが、良かった…。

次のステップを考えるのが、ひとまずの課題です。

ベランダ主が考えている上位資格の講座は、京都では申込者数次第で開講するかどうかが決まるようです。神戸では開講されるようですが、さすがに神戸は遠いなぁ。

資格を取って具体的に何をするのかも大きな課題です。コピー・編集の仕事に絡めていければベスト。講師のお仕事にも関心はあるけれど、果たして還暦近くなってから可能性があるのかどうか。というより、こんなに内気なベランダ主に務まるんだろうか。その前に、人様に教えるまでにはもっともっと勉強しないと。

・・・と考えているうちに、お墓に入る日が来そうですね。今この時をエンジョイしながら、前へ進みます。


さて、今日から本格的に梅雨がスタートした感じですね。

天気予報を見て、数日前に切り戻しをしました。

アズーロコンパクト。密生し、一部が蒸れて枯れてきたので
_1360213-0622.jpg

半分に切り戻し。プラス、ところどころ根元からカットして風通しを良くしました。
_1360215-0622.jpg

ベゴニアセンパフローレンスも。
_1360217-0622.jpg

これは株ごと7、8カ所カットしました。全体をザクッと切って、水っぽい断面が腐ってもいけないので。
_1360219-0622.jpg

バケツを見ると、ちょっともったいない気もしますけれど。
_1360221-0622.jpg

捨てるものあってこそ、新しく生まれる余地ができる。人生も。

って、言うのは簡単ですけどね^^;

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月21日

植え替え後のレモンバーム不調


昨夜は京都も大雨でした。皆さまの地方は大丈夫でしょうか。



ベランダでは、レモンバームが不調です。

4月上旬はツヤツヤとした葉が出てきていました。
_DSH4568-0407.jpg

根がいっぱいになったので、これを5月上旬に植え替え。
_1350839-0502.jpg

_1350843-0502.jpg

カゴメさんから発売された「かる〜い野菜の土」を使ってみました。
_1350847-0502.jpg

確かに非常に軽いです! ベランダ軽量化には役立ちますね。
_1350851-0502.jpg

根をずいぶん整理したので、地上部も切り戻し(すぎ)ました。
_1350853-0502.jpg

カットした葉は、残らずティーに。
_1350886-0502.jpg

_1350890-0502.jpg

ところが6月になると、葉の縁が変色してきたではありませんか!
_1360169-0611.jpg

花も咲いてきましたが、葉はどんどん退色しつつあります。
_1360173-0611.jpg

元肥入りの土で植え替えてから、まだ5週間しか経っていません。肥料切れということはないはずです。

こういう変色は根のトラブルが原因であることが多いんですが、植え替えて間もないので、根詰まりも考えにくい。

「かる〜い野菜の土」は、保水性が良すぎる気もします。ゴーヤの定植にも使ったところ、3日経っても土の表面が乾きません。ムシムシする梅雨シーズン、水持ちが良すぎるのは問題かも…。

根腐れ? 葉焼け?

水を控えめにして、様子を見てみます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ