2017年06月15日

極小ルートパセリ試食!


ベランダで「ルートパセリ」を育てています。

名の通り、根も食べられるパセリです。葉はイタリアンパセリにそっくり。
_DSH4561-0407.jpg

根がぎゅうぎゅうになってきたので
_1350345-0402.jpg

数本、収穫してみました。
_1360145-0606.jpg

ミニにんじんというか、わさびみたいな形というか。
_1360149-0606.jpg

細かく刻んだり、すりおろしたりして、ポタージュなどにするといいそうですね。当然それだけの量はないので、

野菜スープにまるごと入れて、軽く煮込んでみました。
_1360155-0606.jpg

ほくほく、やさしい甘味がありました!

以前試食した、普通のモスカールパセリの根っことは全然違う味です。

…が、所詮はベランダ置きの鉢栽培。これでスープを作ろうとしたら、ひと鉢全部引っこ抜かないと足りないでしょう。

調べてみたら、本物は普通のニンジン並みの大きさのようですね。どうやら、畑で育ててナンボのハーブみたいです・・・_| ̄|○


ところで、がっくりすることがもう一つありました。

マンションに帰ってきて、ぼ〜っと歩いて自宅にたどり着き、鍵を差し込んだところ、うまく入りません。

数回ガチャガチャとあがき、夫が在宅していたのでチャイムを「ピンポーン」と慣らしたところで頭が凍り付きました。

お隣のドアでした・・・_| ̄|○

還暦近くなって、ピンポンダッシュをしてしまうとは・・・○_| ̄|


自宅に駆け込み夫に事の次第を話すと、「僕も1階上の部屋に鍵入れてガチャガチャしたことある!」

夫婦の失態を電話で知人に話すと、「あら〜私もやったわよ〜」


そんなものですか?皆さん^^;
タグ:パセリ

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月13日

消えたナミテントウ


6月はハーブの花の季節。

ベランダのあちらこちらで花が咲き始めました。

イタリアンオレガノの花。ほとんどスイートマジョラムと同じ形です。
_1360165-0611.jpg

ヒソップ。鮮やかなブルーパープルです。
_DSH5108-0606.jpg

4月頃、春になってももうひとつ新芽の出方が遅かったので、
_DSH4517-0402.jpg

ゴールデンウィーク中に植え替えた株です。これ、土より根のほうが、量が多いかも…。
_1350857-0502.jpg

素直にハーブ専用土で植え替えました。
_1350861-0502.jpg

機嫌良く育ってくれてはいるんですが、今年はハダニの猛攻撃に遭い、葉をちゅうちゅう吸われまくっています。

アリまで遊びにきました…ということは、アブラムシも近くにいるのでしょうか?!
_DSH5121-0606.jpg

今のところ、メインのここ西ベランダはハダニの巣窟、南ベランダではアブラムシが跋扈しています。

しかし数日前、西ベランダでゴーヤの葉の上にテントウムシの幼虫らしきモゾモゾを発見!

フェンネルの茂みには、二つ星のナミテントウがいました!

喜んでウィキで調べたところ、ナナホシテントウはアブラムシもハダニも補食するけど、ナミテントウは「アブラムシを捕食する」と書いてありました。

ナミテントウは、ハダニは食べないのでしょうか?

と思ってナミテントウに、アブラムシたんまりの南ベランダへ行くよう異動を発令した時には既に、

ナミテントウはどこかへ転職された後なのでした・・・_| ̄|○
タグ:ヒソップ

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年06月09日

救出したラベンダー咲き始めました


4月初めに植え替えをした際、コガネムシの幼虫がわらわらと出てきたラベンダー・グロッソの記事を書きました。

ラベンダーの土からあの虫が!【※虫画像注意】

最後の写真で、完全にハゲ山状態になっていたグロッソ・・・。

4月下旬から復活してきました。
_DSH4768-0430.jpg

ゴールデンウィーク明けには、ミニつくしのような花芽が出現。
_DSH4826-0509.jpg

5月末の様子。
_DSH5001-0531.jpg

そして6月。一気に花穂が育ってきました。
_DSH5045-0604.jpg

コガネムシを発見した時は、ここまで回復してくれるとは正直思えませんでしたが、

例年よりカンファーの香りが薄くて相対的に甘さが勝った、グロッソらしくない香りになっています。
_DSH5080-0604.jpg

一つずつ、花が開いてきました。これは6月6日。
_DSH5106-0606.jpg

ちなみに下の写真は、昨年6月5日のグロッソです。
_DSC1789-0605.jpg

ほぼ同じ日に、一つ目の花が咲いたのですね。自然の神秘としか言いようがありません。



ハーバルセラピスト講座で「グロッソをティーにして飲んでいます」と話したところ、先生に「いちおうメディカルハーブとして使うのはトゥルーラベンダー(イングリッシュラベンダー)」と言われました。

確かにグロッソはカンファー臭がやや強いので、ティーには少しきついのかも。トゥルーラベンダーには、カンファーは含まれていないそうです。なるほどです。

でも、ここ京都のコンクリートのベランダで育ってくれるのは、今のところグロッソだけのようです。春にグロッソと「ラベンダー・スーパー」という品種の苗を買ったところ、結局スーパーは枯れてしまいました…二つとも、暑さに強いとされるラバンディン系なのに。

今までいったい、何種類のラベンダーに挑戦しては、枯らしてきたことでしょう。

本当に、グロッソしか育たない!


こうしてラベンダー栽培はベランダ主に「挫折」と、

「受け入れる」ことを教えてくれているのでございます…。
タグ:ラベンダー

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 04:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハーブ