2017年09月12日

復活体質のアスパラガス・スマイラックスと相撲愛


宇良に高安まで車いすで退場とは、けが人の多さに愕然としている大相撲秋場所。横綱3人休場しているのに、この2人まで休んだら、今場所はもう学級崩壊状態です。戦国時代とか言ってる場合ではありません。寂しい。

思ったのですが、力士の大型化がここまで進んでいるのに、土俵周辺の安全対策は何もなされていないのでは? 土俵の位置をもう少し低くするとか、土俵下に安全なマット敷くとか、たまり席をもっと離すとか。

私が相撲を見始めた半世紀前は、義ノ花とか若見山とかいう、たぶん170kgくらいの力士が「巨漢」と呼ばれていました。いま幕内力士の平均体重が、それに近い160kg超です。

宇良は当たりを重くするために体重をどんどん増やしたようですが、それに伴って増える膝への負担をカバーする太ももの筋力アップは、追いついているのかどうか。

体づくりは力士個人の責任とはいえ、もっと相撲協会は力士の安全対策を講じたり、相撲教習所はもちろん、関取対象でもスポーツ科学を取り入れた定期的指導を行ってはどうなんでしょう。

ちょっと真面目に相撲愛を語ってみました^^;



さてアスパラガス・スマイラックスが、お盆あたりから復活してきました!

今夏の連日の熱帯夜で、さすがの南アフリカ原産植物も疲れたのか、カレカレに枯れてしまったのですが、

ちょうどお盆の頃、ひと筋の光が…。
_1360683-0813.jpg

これを合図にビュンビュンと天を突くかのように、3鉢とも茎が伸びてきました。

この鉢などは、完全に枯れたと思っていたのです。
_1360685-0813.jpg

別の鉢は、ゴーヤと競い合うように絡み合っています。
_1360726-0901.jpg

_1360735-0901.jpg

アスパラガス・スマイラックスは株が充実してくると、紡錘形の根が土の表面に出てきます(手前のグレイの部分)。星のような形です。
_1360722-0901.jpg

アスパラガスの他品種では、たぶんこういうのを擬球根と呼ぶみたいです。この中に水を貯めるんですって。スマイラックスでもこれが擬球根なのかは不明ですが、脂肪が入っているラクダのコブみたいなものでしょうか?

ところで南アフリカといっても、調べてみると最高気温は日本の方が高いみたいですね(げっそり)。高山では雪も積もるみたいだし。

こういう貯水パーツを持っているということは、乾燥した気候に耐える植物ということなのでしょう。ということは逆に、蒸れは不得意なのかもしれません。アスパラガス・スマイラックスが夏に枯れるのは、だからなのかも?


最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ベランダガーデニングの最新記事】
posted by meryem at 07:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年09月10日

ベゴニアセンパ夏越しできました


今朝のお題は、ベランダのベゴニアセンパフローレンス。

お盆の頃、いかにもバテてます的な色になり、花も小さくなっていたので、
_1360698-0814.jpg

再びジョキジョキと切り戻しました。
_1360700-0814.jpg

9月に入り、朝晩涼しくなってきたせいもあるのでしょう、元気回復。
_1360741-0901.jpg

でも、花がすっかり減ってしまいました。リン酸多めの肥料を与えないといけないかな。その前に、鉢が窮屈になっているのは分かるのですが、いま鉢増ししても冬には枯れるし…ということで、しばらくこのままでいてもらいます。

もう何年も生きている株。毎年株分けに近いことをしてはいますが、そろそろ寿命かもしれませんね。


さて、今日から大相撲秋場所です。いきなり横綱3人休場ということで、前売りを買われたファンはお気の毒としか言いようがありません。

でも考えようによっては、戦国場所とも言えますね。誰が抜け出すのか? 御嶽海か? 宇良のけがの回復具合はどうなのか? あるいはニューヒーローの登場か?!

というわけで今月もさまざまな誘惑と戦いながら、お仕事に取り組むのでございます。

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 08:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年09月04日

ゼラニウム夏越しに珪酸塩白土


今朝も涼しい京都です。この数日、空気は秋です。

そんな中、高温障害で葉が白化してきたゼラニウム・アップルブロッサムを、なだめすかしながらお守り中です。

8月中旬の様子。白化と、一部の葉の枯れが進んできたので、
_1360702-0814.jpg

珪酸塩白土のミリオンを混ぜてみることにしました。
_1360706-0818.jpg

最初はいろいろ調べて、カルシウム分の多い肥料か苦土石灰を混ぜてみようと考えていたのですが、真夏にどうなんだろうとよく分からず、ミリオンに落ち着きました。

珪酸塩白土は、モンモリロナイト粘土という、日本では秋田県の特定の地域でのみ産出される土です。不純物を吸着して水や土を浄化し、カルシウムなどの微量元素も含むということで、くたびれたハーブの救出作戦にたまに使っています(救出失敗することも、間々あります^^;)。

ゼラニウムの白化進行ストップ+蒸れ防止に加え、光合成促進の効果もあるというから、白化=たぶん葉緑素が減った(?)葉にはプラスに働くのかも?

混ぜ込んでみたのが8月18日。
_1360708-0818.jpg

_1360710-0818.jpg

そして昨日の様子です。あまり効果なかったみたいです…というか、白化進行しているみたいです_| ̄|○
_1360749-0903.jpg

ミリオンを使わない方がよかったのか、もっとたくさん混ぜた方がよかったのか、それともひとえに熱帯夜続きのせいなのか。

先日ニュースで知りましたが、京都ではこの夏、例年の倍の日数、熱帯夜を記録したそうです。確かに友人知人も口を揃えて「今年は明け方が暑い」と言っていました。

ゼラニウムにはこれ以上手を加えず、経過観察することにします。とりあえず、夏を越してほしいわ。
タグ:ゼラニウム

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング