2017年05月12日

こぼれ種アズーロコンパクト開花


ベランダに掛けたプランターの中で冬越しした、アズーロコンパクト。

3月初旬にこぼれ種から芽が出揃って賑やかになり、
_DSH4382-0305.jpg

春の日射しを浴びて、すくすく生長。
_1350419-0407.jpg

4月24日に蕾を発見しました。
_DSH4746-0424.jpg

_DSH4783-0430.jpg

_DSH4747-0424.jpg

そしてゴールデンウィークが過ぎて、開花しました!
_DSH4823-0509.jpg

_1350997-0509.jpg

白とブルーの混植です。今のところ、白が多いです。
_1360002-0509.jpg

冬の間は何もせず、ごくたまに水を与えていました。あとは早春に固形肥料を置き、芽が育ってきた3月中旬からごく薄い液肥を月に2回ほど与えてきました。



2つのプランターは、ほんの30〜40cm離れているだけなのですが、こぼれ種からの発芽数は全然違います。

ベランダの角近くにあるプランターは発芽が少なく、少し引っ込んだ所に掛けたプランターにはびっしり芽が出ました。

角近くのプランターのほうが、風雨の影響が強いようです。そのぶん、夏から蒸れ気味だったのかもしれません。

ちょっとした違いで大きな違いが生まれるものなんですね。他にも要因があるのかしら。

今年も咲かせたままにして、またこぼれ種状態で冬を越してくれればと願っています。
_DSH4838-0511.jpg

_1360018-0511.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



【ベランダガーデニングの最新記事】
posted by meryem at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダガーデニング

2017年05月06日

自家栽培でカモミールティー


ベランダで咲いたジャーマンカモミールで、憧れのフレッシュカモミールティーを入れました。

数あるハーブティーの中で、ジャーマンカモミールティーに関してはフレッシュフラワーを使うと、香りが断然違うという話を聞き、楽しみにしていたのです。

まだ花芯が完全に花粉で覆われていない花もありましたが、
_DSH4755-0430.jpg

待ちきれず、9つの花で入れてみます。
_1350915-0503.jpg

たぶん花は足りないのでしょうけれど、2杯分の熱湯を注ぎ、5分蒸らしました。
_1350923-0503.jpg

やはり少し薄かったですが、熟したリンゴの香りです!
_1350926-0503.jpg

どこか鼻にむっと来る香りも混じります。ペパーミントとブレンドすると、清涼感が「むっ」を打ち消してくれそうですね。

ジャーマンカモミールティーにはリラックス効果があると言われ、フラボノイドがストレス性胃炎などにも働きかけると言われます。

10年以上前、ハーブを育て始めた頃のこと。ジャーマンとローマンの区別もつかないまま、ローマンカモミールを育てて花をティーにしてみたところ、

リンゴの香りはしたものの、苦かったです^^;

ローマンカモミールは全草にリンゴの香りがあるせいか、当時は全身をアブラムシに占領されました。

ジャーマンカモミールで香りのあるのは、花だけです。アブラムシはまだ来ませんが、下半身をうどんこ病にやられています…。
_DSH4806-0503.jpg

でもジャーマンカモミールと、その上にソフォラ・リトルベイビーの豆のような花が揺れ、それを他のさまざまなハーブが囲む、このベランダ。
_1350971-0503.jpg

一年で、最もこころ優しくなれる季節かもしれません。

ジャーマンカモミールは、まだまだこれからたくさん咲きそうです。ティーの楽しみも続きます。
_DSH4734-0424.jpg

_DSH4756-0430.jpg

_DSH4769-0430.jpg

_DSH4773-0430.jpg
タグ:カモミール

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ

2017年05月04日

正体不明の土でイタリアンオレガノ植え替え


母の介護と見送りで、ベランダのハーブの世話をほとんど放置していた昨年。

ゴールデンウィークにそのツケを、せっせと回収しています^^;

ベランダの一番端っこに隠れていたイタリアンオレガノ。

気の毒なほど暴れていました…。
_1350808-0430.jpg

根鉢を抜くと、パピルス化一歩手前。
_1350810-0430.jpg

くたびれた地上部をカットし、ぽろぽろと落ちる土もそのままに根を整理するうち、

こんなになってしまいました(哀)
_1350812-0430.jpg



最近植え替えに土のストックを大量に使っていたため、残っているのはフカフカのココヤシを使った野菜の土と、シールが剥がれて正体不明になった何かの土(呆)。

乾燥好きなオレガノにはココヤシは避け、不明土を使うことにしました(真似しないでくださいね)。

たぶん一般的な園芸用土と思うのですが、やけにサラサラしていたので堆肥を加え、排水性確保のためにパーライトを1割ほどプラス。
_1350804-0430.jpg

_1350806-0430.jpg

ちゃんと回復するのでしょうか(不安)。
_1350863-0502.jpg

最後までお読みくださってありがとうございました。
ランキングに参加中です。
2つともクリックしていただけると
更新の励みになります!


にほんブログ村 ベランダガーデン
人気ブログランキングへ



posted by meryem at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ